完結

せせらぎよりも君の声

青春・学園

更新日:2020年9月25日

せせらぎよりも君の声

第1章 1

せせらぎの音。ずっと大好きな川の水が流れる音。誰にも邪魔されるはずのない静謐な空間。僕だけが知っている特別な空間。美しい川の流れだけが僕を知っている。
はずなのに。いつから変わってしまったのだろうか。人の気配がする。
「ねえ。」
ほら声もする。
「あなたに、恋をしました。だから、付き合ってください。」
急にそんな風に言われたらきっと誰だって「は?」と思うことだろう。だから、僕が思わず「は?」と言ったのも必然だと思う。
「いやいやいやいや。は?じゃなくて。返事を言ってよ!」
じゃなかったら何があるというのか。しかも、急に返事と言われて答えられるような強者がいやがるんなら見てみたい。
「えっと。僕は君のことを知…

もくじ (7章)

修正履歴
  • 第1章 1 第1章 1

    第1章 1

    2020年9月3日

  • 第2章 2 第2章 2

    第2章 2

    2020年9月3日

  • 第3章 3 第3章 3

    第3章 3

    2020年9月4日

  • 第4章 4 第4章 4

    第4章 4

    2020年9月22日

  • 第5章 5 第5章 5

    第5章 5

    2020年9月23日

  • 第6章 6 第6章 6

    第6章 6

    2020年9月23日

  • 第7章 7 第7章 7

    第7章 7

    2020年9月25日

作品情報

これは君への贖罪。最後の約束。本当にごめん。そして、ありがとう。

君は僕が「助けてくれた」というけれど、助けてくれたのは君の方だ。救えなかった女の子。君は僕に「好きだ」というけれど、僕はその言葉を君には返せないのに。君はそれでもそういうのに。置いていかないで。
叶うなら、もう一度_____

拙い文章ですが、良かったら見て言ってやってください。
ご愛読ありがとうございました。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

じっくり

コメント

0

リアクション

33

関連作品

このページの内容について報告する