完結

苦しくて、辛くて、痛くてその先

恋愛

更新日:2020年10月18日

苦しくて、辛くて、痛くてその先

第1章 プロローグと水無月

愛しい君へ


君は死んだ。僕の目の前で、僕を残して死んでいった。もっと長く生きて、生きて、生きて生きて生きて。そして、一緒に死ぬんだといったのに。君は僕を置いていくんだね。君は何も悪くないのに。たった一人が犯し続けたミスのせいで。君は僕を置いて死んだんだ。きっと僕が生き残ったのは、あいつを裁くためだったんだろうね。僕はあいつを絶対に許さない。本来なら俺がこの手で絞め殺してやりたいところだけど、君がそれを望まないでいてくれることはよくわかってるよ。だから、この世で最も重い罰をくれてやる。でも今のあいつじゃ多くても100万円以下の罰金もしくは、5年以下の懲役なんだって。だから、俺があいつを誘導してや…

もくじ (5章)

修正履歴
  • 第1章 プロローグと水無月 第1章 プロローグと水無月

    第1章 プロローグと水無月

    2020年9月4日

  • 第2章 2.文月 第2章 2.文月

    第2章 2.文月

    2020年9月4日

  • 第3章 3.葉月 第3章 3.葉月

    第3章 3.葉月

    2020年9月4日

  • 第4章 4.長月 第4章 4.長月

    第4章 4.長月

    2020年10月17日

  • 第5章 5.師走 第5章 5.師走

    第5章 5.師走

    2020年10月18日

作品情報

幸せも時間は彼女と俺の日記を交互に教えてあげる。
彼女と俺の幸せな日々。いつか失われる。わかっていることだけど、それまでは諦めずに幸せに毎日幸せに生きた。
そんな彼女との幸せな日々が失われた。わかっていたことだけど、辛いよ。苦しいよ。痛いよ。
でも、俺はある日気づいたんだ。君が死ぬのが予定よりも早いことに。俺はあいつを決して許さない。待っててね、あいつを絶望の淵に落としたらすぐに君のもとに行くから。
そう思うけどやっぱり、叶うならもう一度_____

※これはもともと「忘れられない手紙」というお題の元作成してまいりましたが、路線変更を決めたため共にお題も変えることにいたしました。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

じっくり

コメント

0

リアクション

15

関連作品

このページの内容について報告する