完結

「母から娘へ」感想文

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年9月5日

「母から娘へ」感想文

第1章 母から娘へ、作者から筆者へ、そして読者へ――

 *ユーザー名* 八末 梛
 *タイトル* 「母から娘へ」
URL
 https://monogatary.com/story/86417

 
 「10年目」

 最初に筆者が強く惹かれたのはその歳月である。
 夫婦にとって子供が出来ない10年間。どのような思いで生活していたのだろう。 それを容易に想像することが出来たのは、筆者自身が現在不妊治療中だからだ。世の中の全ての夫婦が子供を希望するとは限らないが、筆者自身が子供を強く望み、2度の手術を終えて、今は奇跡が起こるのを待っている。
 
 10年目の娘の誕生が夫婦にとってどれだけ大きな光をもたらしたのか。「ひかる」と名づける夫婦の心情を自らの未来と重ね合わせて胸が締め付けられた。 

もくじ (1章)

  • 第1章 母から娘へ、作者から筆者へ、そして読者へ―― 第1章 母から娘へ、作者から筆者へ、そして読者へ――

    第1章 母から娘へ、作者から筆者へ、そして読者へ――

    2020年9月5日

作品情報

「母から娘へ」 この作品に感情移入してしまいました。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

3

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する