完結

RPS

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年9月5日

RPS

第1章



「パー子、あんた今度はタカシ君に振られたんて? もう大概にしぃよ。うちが今までどんだけ男の子たちに頭下げとうと思ってんのよ。うちだって紹介できる男の子が10人も20人も……いや10人とか20人はおるか……とにかく無限に紹介できるわけやないんやからな。うちだって毎日忙しいねんでっ」

正直、あたしは千代のことが苦手だ。人のことをパー子呼ばわりするその高慢な性格もだが、何よりそのマシンガントークの中にちょっと挟んでくる交友関係広いアピールがいやだ。
一度火がつくと話が長いんだ。早く終わんないかな……。





「……ってなことがあったのよ。千代のやつ、ムカつくでしょ。あたしだって振られたくて振られてるわけじゃない…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月5日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

16

関連作品

このページの内容について報告する