完結

母と我が名は芸無し猿

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年9月6日

母と我が名は芸無し猿

第1章

 僕と、僕の母の話がしたい。聞いていってはくれないだろうか。

 まず、僕らにとって、家族とは誰よりも他人でなければならない存在だった。その発端は、母と祖母の仲が悪かったことにある。二者の関係は姑と嫁ではない。実母と子だ。
 祖母は女というものを憎悪していて、娘である母のことを「芸無し猿」と呼んでいた。祖母にとって、女とは泥棒であり、無能であり、何をしてもいい存在だった。

「ババアに飯を持ってって」
「ん、分かった」

 と、まあ、彼女は愛や希望を踏み潰し続けた実母をババアと呼び、「口先だけで人を玩弄する女だ」と憎んでいた。仕打ちからすれば当然である。
 さらに負けず嫌いの彼女は、生け花も茶道も免許皆伝、事務も出来、…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月6日

作品情報

僕と、僕の母の話がしたい。少し聞いていってはくれないだろうか。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

9分

コメント

0

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する