完結

静寂に歌

恋愛

更新日:2020年9月7日

静寂に歌

第1章

電車から仕事帰りの人々がぞろぞろと降りていく。
それに流れて私も自分の家の最寄駅の地に降り立った。

人混みの中に入りたくなくて、わざとゆっくり足を進める。
そしていつものように私は改札までの道を一番後ろから歩くのだ。

私の真横を横切って、一人の女性が小走りで改札へと向かっていった。
その後ろ姿を眺めながら私は、かつての私を思い出していた。


数ヶ月前の私はこんなじゃなかった。
早く家に帰りたくて仕方がなかった。
最寄駅に電車が近づけば電車の扉の前へいち早くスタンバイして、扉が開いたら改札へと小走りで向かう。


───待っていてくれる人がいたから。


そんなことを思いながら改札を出て、思い出の曲を聞いていたイヤホンをし…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月7日

作品情報

いつだって私は言葉が足りなかった。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

5分

コメント

2

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する