完結

先輩の声

恋愛

更新日:2020年10月31日

先輩の声

第1章

ところどころに傷がついたドアを開く。
その先に広がるのは白で統一された無機質な世界。
独特な匂いがすんと鼻につく。
硬いパイプ椅子に腰を下ろして私は、台本を広げた。
びっちりと敷き詰められた文字を目で追う。
「綾瀬、もう来てたんだ」
読み始めようとした時、放送室に低くて柔らかい声が響いた。
それだけで窓がなくどことなく暗いこの部屋は光が灯ったかのように明るくなる。
「先輩遅いですよ。大会明日なのに」
「ごめんごめん、綾瀬も始めろよ。アドバイスしよっか」
天月先輩はそう言ってじっと私を見る。
その綺麗な瞳に吸い込まれそうになりながら、私は首を振った。
「先輩は自分の練習してください。明日が最後の大会なんですよ」
私は…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月31日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

9分

コメント

4

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する