完結

「最後のお願い」に込められた心の葛藤

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年9月20日

「最後のお願い」に込められた心の葛藤

第1章 今を生きるということ


 みなさんは死について考えたことはあるだろうか?

 私はたまに死後の世界を想像することがある。生まれ変わるだとか、無の空間に魂だけ残されるとか、いろいろな選択肢があるものの、最終的には善の積み重ねによって来世が決まるという説を唱える。

 しかしそれなら、今世で悪いことをした人は来世で不幸な思いをすることになる。それを見て“可哀想”という感情を懐いていたら本末転倒だ。つまり、ただの理想論でしかない。

 結局のところ正解は死ぬまでわからない。正確に言えば、生まれ変わるのだとしても、魂だけ残されるのだとしても、記憶を保持していない以上、永遠に答えを知ることはないと言うべきか。



 この物語では、病魔に侵された彼女とそ…

もくじ (1章)

  • 第1章 今を生きるということ 第1章 今を生きるということ

    第1章 今を生きるということ

    2020年9月20日

作品情報

物語タイトル「最後のお願い」
ユーザー名:天使ᴀ さま
https://monogatary.com/story/92376

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

6分

コメント

2

リアクション

10

関連作品

このページの内容について報告する