完結

七寒六温様 『最後の教育』を読んで

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年9月18日

七寒六温様 『最後の教育』を読んで

第1章


『最後の教育』、それは、xx高校の三年生が卒業前に一週間だけ受ける絶対に休めない授業だ。

強烈なインパクトで考えさせられる内容ばかりだった。

私はまるで、この教室の端っこで授業を受けているかのようだった。

この担当教師として来たのが、鳴瀬光命。



そのいきなりの授業内容がスゴイ。三人の大切な人と、その中で誰を殺すか決めるというもの。スゴすぎる。

私も自分なりに選んでみた。人の価値に優劣を付けているような気分になる。もし私が選んだ三人が同じ事をして、私を三人に入れてくれたら嬉しいし、私を殺したら悲しい。自分勝手だなと思った。



次の授業は、善行から殺されてしまった人の話だった。
見返りを求めたのではないか?偽…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月18日

作品情報

きらきらにひかる投稿作品
七寒六温様 著
『最後の教育』

とても難しい作品なので、読者感想文も難しかったです。自信はないですが、悩んで悩んで書きました。よろしくお願いします。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

6分

コメント

10

リアクション

11

関連作品

このページの内容について報告する