完結

星の声に肩を貸して

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年9月22日

星の声に肩を貸して

第1章 1


「あー だめだ、かず。今日は目の日だ」

「おぉ、そうか。なんとかフレックスで早めに上がらしてもらわ」

「ごめんよ」

「あいよ」

 パンを焼くのと並行して、慣れた手付きで余り物と申し訳程度の卵焼きを弁当箱に詰めて、余った卵を用いてスクランブルエッグを作る。
 義母にはこの間もはやオムレツじゃないかと言われたけれど、直子がケチャップ好きだから、我が家ではケチャップも添えている。

「朝ごはんできたよ」
 声をかけながら彼女を起こしに行く。抱き抱えて寝室からリビングへ。

「ありがとう」
 パンは僕がゆっくりちぎって手渡しする。スクランブルエッグはスプーンにすくってあげる。慣れたもので、そんなに声をかけなくてもうまいこと直子に食…

もくじ (7章)

  • 第1章 1 第1章 1

    第1章 1

    2020年9月19日

  • 第2章 2 第2章 2

    第2章 2

    2020年9月19日

  • 第3章 3 第3章 3

    第3章 3

    2020年9月19日

  • 第4章 4 第4章 4

    第4章 4

    2020年9月20日

  • 第5章 5 第5章 5

    第5章 5

    2020年9月20日

  • 第6章 6 第6章 6

    第6章 6

    2020年9月21日

  • 第7章 7 第7章 7

    第7章 7

    2020年9月22日

作品情報

僕の妻はちょっとだけ変わった病気を持っている。

病気というかもはや体質なのかもしれない。


そんな妻と僕の闘病日記。

ではなくて、どこにでもいる普通の夫婦のやりとり。


世界がちょっと優しくなることを願いながら。

物語へのリアクション

お気に入り

14

読書時間

25分

コメント

25

リアクション

159

関連作品

このページの内容について報告する