完結

bye bye sweet rainy memory

恋愛

更新日:2020年9月25日

bye bye sweet rainy memory

第1章

「おまえ、どこまでついてくるんだよ」
 ゆっくりと自転車をこぎながら、君が私を見て言った。
「どこまで行こうと私の勝手じゃん」
 言葉ほど君が迷惑がっていないのをいいことに、私はとことこと君の後ろをついていく。
 町の真ん中を流れる川に架かる橋のちょうど真ん中あたりで、冷たい風が吹き始め、やがて優しい雨がしとしとと降り出した。
 川のせせらぎ、夏の始まり、夕方の疎雨。
 西の空にあった入道雲は、あっという間に大きくなって、頭の上をどんよりと覆いつくす。雨脚はぱらぱらと、青春真っ只中の季節の巡りくらいの速さで強くなる。
「まじかよ、さっきまで晴れてたのに」
 黒革の通学鞄を傘の代わりに頭に掲げ、ペダルの回転を上げ始めた君…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

5分

コメント

4

リアクション

19

関連作品

このページの内容について報告する