完結

高貴なる自虐

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年9月24日

高貴なる自虐

第1章

扉を開けるとそこは、私が中心の、私が主役の世界。

でも別に、そんな大層な扉じゃないの。
魔法がかかる訳でもなく、異世界に通じる訳でもない。
取っ手に手をかけ押すと、カランコロンと、出迎えのチャイムと共に聞こえる耳に馴染んだ言葉。

「いらっしゃいませ、お一人様ですか?」

「いえ、先に友人が来ているので」

「かしこまりました、お冷お持ちしますので席でお待ち下さい」

「はい、有難うございます」



「........今の人、凄い綺麗だったね。モデルさんかしら」




そう、例えばこの小さな地元の喫茶店だって、私が入れば私が主役の舞台になるの。
今の容姿に対する小声の称賛だって、勿論聞こえてる。
地獄耳な訳じゃないの、ただ余りに…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月24日

作品情報

容姿外見のヒエラルキーなんて、信用ならないわ。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

10分

コメント

1

リアクション

9

関連作品

このページの内容について報告する