完結

no title

恋愛

更新日:2020年9月27日

no title

第1章

彼は同じ高校の同級生だった。
友達の友達で知り合ったが、同じクラスになったことはない。
でも、2人とも好きなバンドが一緒で、
よく音楽の話をやりとりしては盛り上がった。

彼には、ずっと片思いしている女の子がいて、
何回か告白をしているようだが、一向に振り向いてもらえないようだった。
その子の話をする時、彼は少しだけ目を細める。

「本当に可愛いんだよな。無理なのかなあ。」

彼の好きな子は、所謂学年のマドンナで、
しょっちゅう色んな男の子から告白されているような女の子だった。

「諦めないでアピールし続けたら、いつか付き合えるかもよ?」
私は彼の顔を見ないで言う。


彼が好きだった。
彼に好きな子がいることも知っていた上…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月27日

作品情報

あの日のメロディーに、恋をしていた。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

5分

コメント

8

リアクション

18
  • 挿絵

関連作品

このページの内容について報告する