完結

羽の生える瞬間

お仕事

更新日:2020年10月31日

羽の生える瞬間

第1章 プロローグ

2021年1月

 新しい年が始まって、数日たったある日、ポストを開けると一通の封筒が入っていた。差出人は影山さんだった。ユイは小走りで部屋に戻り封筒を開けた。中には丁寧に折りたたまれた4枚の棋譜用紙が入っていた。ゆっくりと棋譜用紙を取り出すと、間に挟まっていたアヒルの羽が床に向かってふわりと舞い落ちた。その他には何も入っておらず、棋譜用紙にも特段にメッセージが書き込まれているわけではなかった。封筒に筆ペンで『竜王戦棋譜』とだけ書かれている。その確実かつ柔らかな筆跡を見て、ユイは懐かしい気持ちになった。あの日、影山さんに出会うことがなければ、こうして新しい年を迎えることはなかったのかもしれないな、…

もくじ (6章)

  • 第1章 プロローグ 第1章 プロローグ

    第1章 プロローグ

    2020年9月27日

  • 第2章 からあげ 第2章 からあげ

    第2章 からあげ

    2020年10月10日

  • 第3章 被写体 第3章 被写体

    第3章 被写体

    2020年10月31日

  • 第4章 羽 第4章 羽

    第4章 羽

    2020年10月31日

  • 第5章 汗 第5章 汗

    第5章 汗

    2020年10月31日

  • 第6章 エピローグ 第6章 エピローグ

    第6章 エピローグ

    2020年10月31日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

じっくり

コメント

0

リアクション

14

関連作品

このページの内容について報告する