完結

どうでもよいこと

SF・ファンタジー

更新日:2020年9月29日

どうでもよいこと

第1章

20XX年。

世界は完全な監視社会となっていた。

ありとあらゆるものが管理され、人々の行動は大きく制限を受ける形となっていた。
また、人々に悪影響を与えるような暴力的、性的表現、思想、信仰の自由も許されなかった。

だが、いかに抑圧されようとも人の欲望を抑えきれるものではない。

特に政府側も管理しきれていない恋愛に関しては、比較的自由に行動できると共に
有名人のその情報は人々の数少ない貴重な娯楽となっていた。

テレビなどのメディアでは監視が厳しく、有名人の恋愛事情など放送されるわけもなく、
人々は闇市場での入手を余儀なくされていた。



『兄ちゃん、兄ちゃん、情報いらんかね』

「どんなのあるの?」

『俳優Aの不倫情…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年9月29日

作品情報

ただの皮肉 です

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

3

関連作品

このページの内容について報告する