完結

図書室、カウンター、隣の君

恋愛

更新日:2020年10月9日

図書室、カウンター、隣の君

第1章 前編

毎週木曜日、午後5時15分。
その時間が待ち遠しい。
______________________________________

図書室はいつも静かだ。静かでない時を数える方が難しいくらいだ。聞こえる音は、外から響いてくる吹奏楽部の金管の音色と、ページとページが擦れる紙の音。それくらい。それだけの音が心地よくて、志保は好きだった。
「やっぱり、今日も綾垣さんが先だ」
ガラリと志保が座っている図書室のカウンターの横の扉が開き、声がかけられる。
「先輩、お疲れ様です」
志保はその声の主、高瀬悠斗に頭を下げる。
毎週木曜日は志保と悠斗が図書当番の日である。図書当番は、図書委員会に入っている生徒が交代で当番をする…

もくじ (4章)

  • 第1章 前編 第1章 前編

    第1章 前編

    2020年9月30日

  • 第2章 中編 第2章 中編

    第2章 中編

    2020年9月30日

  • 第3章 後編 第3章 後編

    第3章 後編

    2020年10月3日

  • 第4章 番外編 教えてよ、まだまだ知らないことばかりだから 第4章 番外編 教えてよ、まだまだ知らないことばかりだから

    第4章 番外編 教えてよ、まだまだ知らないことばかりだから

    2020年10月9日

作品情報

毎週木曜日の夕方、その日がいつも待ち遠しい。

物語へのリアクション

お気に入り

3

読書時間

じっくり

コメント

4

リアクション

36

関連作品

このページの内容について報告する