完結

はす向いから、まっすぐな恋をした。

恋愛

更新日:2020年10月2日

はす向いから、まっすぐな恋をした。

第1章



第1章  音信不通

生(せい)がLINEで桜にブロックされていることに気づいたのは、最後に会ってから1週間後くらい、12月上旬のことだった。

数回送ったLINEが全く既読にならず、電話もかけても応答がないなんて、今まで絶対にありえなかった。
昨日も家にいない様子だったので、決してやりたくはなかったものの、ドクドクと速くなる心臓の鼓動を落ち着かせながら、ブロックされているのかスマホで念のため確認してみたのだった。

あまりの驚きで手から滑り落ちてしまったスマホを拾い、生はちょうどはす向いにある桜の家を窓から覗く。
すると、2階にある桜の部屋だけが、まるで身を隠しているかのようにぼんやりと明かりがついていた。

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月2日

作品情報

大学3年生の12月。生は突然、はす向かいに住む彼女の桜と音信不通になる。先週も仲良くデートをしていたはずなのに。桜に何があったのか。『はす向かい』であることが、もどかしく、心をかき乱す。
社会と恋愛の狭間を描く、ちょっとビターなラブストーリー。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

17分

コメント

4

リアクション

54

関連作品

このページの内容について報告する