完結

杉下右京がラブホで推理

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年10月5日

R-15

杉下右京がラブホで推理

第1章





「おやおや?
もう濡れているんじゃないですか」

「だって、右京さんがあんなに触ってくるから」

「妙ですねえ。
あなたは僕の目を見たその瞬間に濡れていた、違いますか」

「ち、違うわ、私はそんないやらしい女じゃないっ」

「鑑識によるとあなたの分泌推定時刻は午後6時半から8時となっていますよ」

「そうよ、ちょうど右京さんがあたしの身体を撫でまわした時刻と一致するじゃない、それが何だっていうの」

「いや、違いますね。
あなたはあるトリックを使うことで分泌推定時刻をコントロールし、我々の捜査を混乱させようとしたんです」

「あるトリック?
ふっ、ばかばかしい。ドラマの観すぎじゃないの」

「いい加減にしなさい。じゃあ、これは…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月5日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

4分

コメント

10

リアクション

12

関連作品

このページの内容について報告する