完結

夕陽が裏

恋愛

更新日:2020年10月4日

夕陽が裏

第1章

失恋よりもずっと哀しいのは
あなたと同じ「時間」を
あなたと同じ「世界」を
生きられないこと。

突然現れて
心を奪って
こんなに、こんなにも奪って
そして突然消えてしまった。

この心を置き去りにしたまま。


1.
それはいつもと同じ帰り道だった。

大学での授業を終えた私は、バスと電車を乗り継いで、家へと向かっているところだった。
私の家がある終点まであと四駅。ちょうど睡魔が襲ってくる。寝ちゃ駄目だ、あと少しなんだから…


「ゆうひがうら、ゆうひがうらー。終点です。どなた様も、この駅でお降りください。」

聞き慣れない駅名に、ハッと我に返る。
やだ、やっぱり寝てしまってたみたい。
私は慌てて電車を降りると、すぐに妙な違和感を覚えた…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月4日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

26分

コメント

6

リアクション

25

関連作品

このページの内容について報告する