完結

unspeakable

恋愛

更新日:2020年10月10日

unspeakable

第1章

 こいつ、震えもしなければ、光りもしないじゃん。

 薄っぺらなデジタルデバイスをにらみつけながら、あたしは上から顔をうずめているクッションを、さらに横からぎゅっと、手でつぶす。わずかに顔を浮き上がらせようとするので、顎をめりこませる。この行為にはなんの意味もない。これでもし、素手でフライパンを曲げられます……とかそういう特技があれば、今頃あたしだってタワーマンションとまではいかなくてももう少し家賃の高い家に住んでいるはずだ。現実としてはオートロックもない、玄関ドアを開けたら直接外階段に続く廊下に出るような安いアパートにくすぶっている。月収の三分の一近くを、この空間を維持するために費やしているのかと…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月10日

作品情報

かつては、やたらと携帯のメールアドレスを変える人でした。

物語へのリアクション

お気に入り

1

読書時間

7分

コメント

5

リアクション

19

関連作品

このページの内容について報告する