完結

三番線メランコリック

恋愛

更新日:2020年10月13日

三番線メランコリック

第1章

絶不調とは、このことか。
雨。風邪。頭痛。遅延。隣には、石川。
ほら、悪魔のロイヤルストレートフラッシュだ。

「強風の影響により、線路内に障害物を確認したため、10分ほど────」

2回目の車内アナウンス。
ため息が思わずこぼれる。あと10分とか、最悪だ。

三番線を7時40分に出発した電車内は満席。
けれどここはしがない田舎町の私鉄線。
大都会のように、肩が触れ合うほどの通勤ラッシュなどは無い。人口密度丁度に設計されたかのような座席に、パズル然りと隙間なく座る乗客。

その乗客を、ただじっと無言で眺めるわたし。
隣に座る同じクラスの石川は、今日も氷のように冷たい目を文庫本に向けている。

「そ、それ……面白い?」…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月13日

作品情報

たった10分。されど10分。

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

21

関連作品

このページの内容について報告する