貴方には偉大なる守護神が宿っています

ヒューマンドラマ・日常系

更新日:2020年10月15日

貴方には偉大なる守護神が宿っています

第1章 裏街道の語り手

転がっている空き缶を思い切り蹴飛ばしたー
「あー仕事見つかんないぜっ!!」
カラーンカランカラン路地裏には虚しく音が響いた…。

ここ数ヶ月の間に、受けた面接は十数社全部落ちていた…
いくつかは選考でも駄目だった…
大卒時に就職した某販売メーカー、そこでの営業の仕事に2ヶ月で根を上げ退社ー
それが今の俺を苦しめる結果となってしまった…
アルバイト生活で、なんとか生活は凌いできたが、このままじゃ俺の将来は絶望的だー。
「あーくそっ!どうすりゃいいんだっ!!」
人影が見えないのをいいことに、大声で叫んだー。でもその叫びに答えてくれる
者などいない…それがわかっていただけに余計哀しくなってきた…。
「……もう帰るか…」…

もくじ (1章)

  • 第1章 裏街道の語り手 第1章 裏街道の語り手

    第1章 裏街道の語り手

    2020年10月15日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

0

関連作品

このページの内容について報告する