完結

ひととき

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年10月15日

ひととき

第1章

温かい…
おだやかな日差しが窓から降りそそぐ…
僕はソファーに深く腰をかけ、スマホで本を読みながらコーヒーをすする…
そんな僕にぴたりとくっついて座る彼女…
ゆったりと眠たそうな目をしている…
(かわいいな…)彼女の髪の毛をなでた。
僕は彼女から伝わる体温に幸せを感じた…


冷たい雨…
季節外れの肌寒さに、僕は冬物の上着を探す。
ーこんな日は彼女を抱いて、その温もりを感じたい…
しかしそんな日に限って部屋に彼女の姿はない…
(…どこへ行ってしまったんだろう…)
僕はドアを見つめながら上着を羽織る、そして彼女の帰りを待った…。



(…うわっ…今日は暑くなりそうだ…)
雨戸を開ける前から窓に伝わる熱気を感じた…。
「…これから…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月15日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

1

関連作品

このページの内容について報告する