完結

午前2時

エッセイ・ノンフィクション

更新日:2020年10月17日

午前2時

第1章

 いつも、何かに追い立てられるように生きている。
 もとい、そうなるように自分から仕向けて生きている。
 そうしなければ、何もできない、何のとりえもない、何の価値もない人間になってしまうという気がしてならなかった。何もしないで過ごす一日を拒むために、私はそうして生きている。

 それなのに、夜になると、いつも同じことを考えてしまっていた。
 今日はこれしかできなかった。あれを終わらせられなかった。時には結局(今日、呼吸と飲食以外何もしなかった)という明確な事実を突き付けられ、ナイフの先が自分の喉元を切り裂く3秒前のような気持ちを味わうこともある。

 いつの間にか、自分自身を「減点法」で評価するようになっていたことに…

もくじ (1章)

修正履歴
  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月17日

作品情報

執筆時BGM: LiSA「炎」


あ 物語の本編とは関係ないです ←

物語へのリアクション

お気に入り

2

読書時間

5分

コメント

5

リアクション

20

関連作品

このページの内容について報告する