完結

失恋チェンジアップ

恋愛

更新日:2020年10月21日

失恋チェンジアップ

第1章


「うりゃっ!」

振りかぶって投げた白球は、手を離れた途端、明後日の方に飛んでいく。
まるで私の恋のように、下手くそな軌道を辿りあっという間に視界から消えた。

「へったくそっ!」

その球を追いかける大きな背中を、こうしてぼんやりと眺めるのは、もう何度目だろうか。

毎度毎度、私の恋は木っ端微塵に砕け散り。
その度、私は説教されながら幼馴染のこの男にキャッチボールを付き合ってもらう。

それが私の長年続けてきた失恋の儀式なのだから、今更やめるわけにはいかないのだ。

「何度言えば分かんだよ、投げる方を真っ直ぐ見ろ、んで肩に力入れすぎ!」 

ひゅっ、と綺麗な弧を描いて白球が空を舞う。

「うるっさいなあ、私の心は折れ曲って…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月21日

作品情報

捻じ曲がった軌道は、
君の声にあっけなく落ちるのだ。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

4分

コメント

2

リアクション

6

関連作品

このページの内容について報告する