完結

罪の食

ホラー・サスペンス

更新日:2020年10月25日

R-15

罪の食

第1章

風呂上がり、
冷蔵庫からビールを取ろうとしたとき妻がある事を呟いた。


「真司、ごめん。私ね“アレ”食べちゃった。」
「何、あれって」
ビールを取り終えた俺は首から掛けてたタオルで髪の毛を拭きながら言う。




「真司が大切にしてたやつ」
「そんな食べ物あったっけ?」
「あったじゃない。......でもスッキリした」
「え、言ってる意味分かんないんだけど」

妻はずっと無表情だけど、時々、薄気味悪い笑みを浮かべながら呟き続ける。




そもそも俺、食べ物で大切にしてたやつあったっけ?

たまにご褒美として高級な肉を買うことはあるけど、そのこと?
でも最近、買った覚えないしな......。



「でも真司、あれ腐ってたんじゃない?全…

もくじ (1章)

  • 第1章 第1章

    第1章

    2020年10月25日

作品情報

作品紹介文はありません。

物語へのリアクション

お気に入り

0

読書時間

2分

コメント

0

リアクション

2

関連作品

このページの内容について報告する