2

【R15】 15歳未満の方は移動してください。この作品には <残酷描写> が含まれています。

サダメの恋 完結

ポイント
123
オススメ度
0
感情ボタン
  • 33
  • 1
  • 0
  • 0
  • 6

合計:40

前世で追い掛けられて、現世で再び。

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

ーー馬鹿、死ぬな!

どんより黒く染まっていく視野で、あたしを見下ろす貴方の顔だけが鮮やかに浮かび上がる。

ーーやっと、この手にお前を捕まえたのに。

どこか西洋人じみて彫り深い、しかし、膚(はだ)は琥珀じみて浅黒い顔がグシャッと涙に歪む。

ーーいいのよ、これで。

あとちょっとばかり生きながらえたところで、あたしはもう吊られるだけ。

そんな無様な最期、「黒鳳蝶(くろあげは)」に相応しくない。

ーー駄目だ。

絞り出すようなあの人の声を最後に、全てが暗闇に飲まれた。

また、あの夢だ。

というより、今の私と同じ二十七歳の時に死んだ、「昭和の毒婦・黒鳳蝶」こと市川サダメとしての前世の記憶だ。

まだ、スマホのアラームが鳴るには少し早い時刻だが、二度寝するには目が冴え過ぎている。

「勘弁してよ、もう」

ワンルームのシングルベッドの中で丸くなって寝返りを打った。

現世の私はもう「毒婦」だの「悪女」だのごたいそうな形容の付く人生なんか送ってないんだから。

むしろ「しょぼい」とか冷笑される部類の現状なんだから。

それなのに、前世の最後の記憶が夢に現れるたびに、突き刺すような胸の痛みも蘇ってきて、目覚めた後もなかなか消えてくれない。

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

「よし、出来た、と」

洗面所の鏡に呟く。

私のお化粧はごく簡単だ。

左目の下の泣きぼくろも薄塗りしたファンデーションではごまかせないけど、そもそもさほど隠したいとも思ってない。

前世ではこの泣きぼくろが大嫌いだった。

「市川サダメ」として紹介される写真がどれも右側から取った横顔や斜め向きなのは泣きぼくろを映したくないからだ。

白粉(おしろい)を厚塗りして白黒写真で撮ればはっきり映ったかどうかも怪しい程度のほくろだけど。

前世では藍染めの着物や群青の絹のチャイナドレスを人前では良く着ていたので「黒鳳蝶」と呼ばれた。

今は黒かグレーのスーツで職場に行く。

もっとも前世での着物やチャイナドレスだって仕事着のようなものだったが。

必要に迫られて着たわけで、決して、好きで身に付けていた衣装ではない。

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

“年末はいつ帰る?”

実家の母からのLINEだ。

“30日には帰るかな”

満員電車の中ではスマホの文字を打つのもなかなか厳しい。

“お向かいの愛ちゃんはもう二人目が生まれたよ。ゆかりの一つ下なのに”

前世では男が次々寄ってきたのに、現世では二十七歳の今に至るまでまるで縁がない。

前世と現世で、容姿としては左目の泣きぼくろまで似通って生まれてきたのに、皮肉な話だ。

あるいは前世の市川サダメが「毒婦」「妖婦」「淫婦」だったから、溝口ゆかりとしての現世は「生涯純潔」でいろ、という見えざる力が働いているのだろうか。

「え? この前の子は結局、ヤリ捨てしちゃったの?」

「何か重くなりそうだったからさー」

田口と中村。

会社ビルの前で、同期のこの男二人は相変わらず朝からバカ丸出しだ。

こちらに気付くと、さすがにばつの悪そうに口を閉じる。

だが、「重くなりそうな女の子だからヤリ捨てした」と語った中村の方だけは何だか挑む風に口の端を歪めるのを私は見逃さなかった。

「お早うございます」

何も聞かなかった風に儀礼的に笑顔を作って通り過ぎる。

「あれはないわー」

先んじて入ったエレベータの扉が閉まる瞬間、二人の哄笑が耳に飛び込んだ。

もしかすると、こちらへの当てこすりかもしれないけど、とにかく聞かなかったことにする。

修正履歴

  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/01/17)

修正履歴を見る

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

「溝口、お前、どうして俺が今、怒ってるか分かるか? どんだけお前が俺の貴重な時間を無駄にしているか分かるか?」

いつものことだけど、この質問形式の問答こそ互いに無駄なんだから、さっさと結論から言って欲しい。

でも、決して課長がそうすることはない。

本当に仕事全体を円滑にするより、「出来ない部下に考えさせる」ポーズを取りつつ自分を偉く見せるのが目的だから。

ーーサダメ、お前、このダイヤに俺がいくら払ったか知ってるか? どんだけお前に俺が注ぎ込んだか分かるか?

前世でもそっくりな顔と口調の資産家にクドクド食い下がられたから、こういう男の腹は良く分かる。

「お前は何にも分かっちゃいない」

課長がバンと机を叩いたところで、今朝は私の代わりに電話番をしていた中村が声を掛けた。

「課長、リー社長がそろそろ到着するそうです」

修正履歴

  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/01/15)

修正履歴を見る

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

前世の記憶が淡々と紛れ込んでくるところに、好感が持てます。また、前世の記憶を引きずっているゆえの悩みなどがあれば、それも読んでみたい気がしました。

枯葉猫

2018/1/5

2

拙作へのご感想どうもありがとうございます。前世の記憶を持つヒロインの悩みはこれからが本場です。

作者:吾妻栄子

2018/1/6

コメントを書く

とじる

「初めまして。ニューウェーブ・コーポレーションのケネス・リーです」

車から降りてきた黒いコートの男は銀縁眼鏡の奥から切れ長い目を微笑ませた。

「初めまして」

ーー李笙霖(り・しょうりん)です。

昔、パナマ帽に象牙色の背広を着て現れた男も、黒縁眼鏡の奥から同じ笑顔を向けた。

どきつく胸を押さえて頭を下げる。

「溝口ゆかりです」

この人はあの李笙霖ではないし、私ももう市川サダメではない。

「ご案内致します」

儀礼的な笑顔で告げると、どこか寂しい笑いに変わった相手はゆっくり頷いた。

「お願いします」

  • 5拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

オススメポイント 0

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。