0

1789 完結

ポイント
6
オススメ度
0
感情ボタン
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

合計:1

舞台はあの場所。

投稿された表紙はありません

この物語の表紙を投稿する

すべてのコメントを非表示

 「ちょっと、抱きしめてもらえませんか?」

 突然、隣の女性に話しかけられた。

 「私、女ですけど構いませんか?」

 女性は無言で頷いた。

 「よかった、実は私も、同じ気分だったから。」

 私たちは暗闇の中でひしと抱き合い、泣いた。

 演目は『1789 バスティーユの恋人たち』。宝塚歌劇団月組公演、そのカーテンコール。拍手だけでは表しきれない程、感情が高ぶっていた。

 その女性と、どうやって別れたかは覚えていない。でもそれでよかったのかもしれない。名前も素性も知らないからこそ、私たちは舞台というただ一点で交わることができたから。

  やっぱりヅカは最高だわ!

  • 1拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

わかる!日本代表がWC決定した瞬間にしらない誰かとその想いを分かち合うため抱き合うとかあるもんな~

sacman

2018/4/17

2

割とあるあるでしたね。想い高ぶるときのことイメージしてて書きました。伝わってうれしいです。

作者:山羊文学

2018/4/17

コメントを書く

とじる

オススメポイント 0

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。