1

特異点物件専門の不動産屋 完結

ポイント
66
オススメ度
5
感情ボタン
  • 19
  • 1
  • 0
  • 5
  • 1

合計:26

俺は曰く付きの物件を扱う不動産屋だ。事故物件とか特殊物件じゃなくてもっと扱いにくい特異点物件を扱ってる。どんな物件かは先日取引した例をあげよう。

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

大学生数人が連れ立って辺りを確認している。

「確かに、妙だな」

ここは市街地近郊の小山にある古びた神社。

この裏は墓地で、山の反対側には大学がある。

郷土研究会に所属する僕たちは大学所蔵の土地に神社があると聞きやって来たのだ。

なんでも江戸時代の建立らしいので一回見に行こうとなった。

社は小ぶりで一辺2メートルくらい。尺貫法だと一間になるのかな。

問題はその社のすぐ裏にマンホールがあるのだ。

社の土台が一部コンクリート製ですぐそばにマンホールがある。

「雨水って書いてあるからそうなんだろう」

「じゃあガセってことで決定かな。どう見ても昭和くらい?」

「無駄足だったな、帰るか」

急速に興味を失った僕たちは、晩飯どこに行こうかと話しながら帰途についた。

彼らは気づいていない。その様子を確認している人影を。

「今回の件、いかがですか?」

「うーん、流石に全滅とは信じがたいがそうなんだろう」

ここは俺が扱う特異点の一つ。地球の裏につながるマンホールだ。

横にいるのはクライアント。さっきの大学生グループを含め、5組の調査依頼をかけている。

その全てがなぜか数分で立ち去ってしまう。

この社を含めて特殊な結界が張り巡らせあり、護符を持たないものは近づいてもすぐに帰ってしまうのだ。

「結界の種類もいろいろありますが、ここのはシンプルに人払いするタイプです」

数百メートル先には幹線道路、近くには大学がある立地にもかかわらず、依頼した者しかやってこない。

来た者も数分でなぜか立ち去ってしまう。

極秘にしたい場所には良くある仕組みなのだ。

「それでは肝心の物件を確認いたしましょうか」

鍵の役目を持つ小石をマンホールに当てて奥へスライドする。

すると下へつながる階段が現れる。

「ちょっと仕組みはわからないのですが、鍵を当てると一時的に入口が開きます。」

「ほう、こっちの仕組の方がすごくないか?」

「これは幻術の応用らしいのですが、詳しいことはわかりません。ただ鍵の作り方とかは確認できてますので、スペアキーは用意できますが極秘事項ですのでその方法は明かせません」

俺から中に入り、クライアントを招き入れる。

ランタンを灯し周りを照らす。

「しばらくすると入口は勝手に塞がります。オートロックなので気をつけてくださいね」

「大丈夫なのか?」

「鍵を持って上がればそのまま出ることができます。忘れたらやばいかもしれませんので扱いに注意が必要ですね」

「帰れなくなるのか?」

「正確には違いますがそういった認識で良いかと」

その後、いろいろ注意点を説明する。電波が届かないので携帯の類いはつかえない、電子機器もなぜか正常に動作しなくなるなど。

LEDランタンは利用できないのでガス等のタイプが必須なこと。

気流は無いがトンネル内の空気は清浄に保たれ、酸欠の心配はないが松明とか使うと煤で視界が悪くなるなど。

そんな説明をしながら進んでいると開けた場所に出た。一辺10メートルくらいの何もない部屋だ。

いや、真ん中に大きな穴があるので何もないは正解ではないか。

「さて、ここの先へ行くかどうかの最終判断をどうぞ。この穴から飛び降りますので」

「ここまで来て引き返す事はない。行く。」

「了解しました。ではこんな感じで腕を胸の前で交差してピョンと跳ねて入ります」

わかりやすいように動作を見せる。ちょっとだけおどけた感じで。

クライアントの緊張がわかるからだ。

「とりあえずランタンは床に置いておきます。私が飛び降りたら三つ数えてから追ってください」

「わかった。1、2、3で飛び降りる」

「ではお先に」

俺はそのまま穴に飛び込んだ。

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 2怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

私はしがないサラリーマン。

入社して30年になる。そろそろ老後のことを考えないといけない。

真面目にコツコツやってきたのと運が良かったこともあり、少々の蓄えもできた。

老後の住処をいろいろ考えるようになっていた。

楽しいこともあったがつらいことの方が多かったこの土地を離れ、移り住みたいと願うようになった。

そんな理由もあり、普通だったら絶対に相手にしない不動産の営業がやってきたとき、招き入れてしまった。

最初はたわいもない世間話ばかりだったがやんわりとそんな事を伝えたら営業の目が光ったのがわかる。

あ、これはしまったなと思いながら良い話なら聞いてみようかと身を乗り出す。

「あー、いい話があるにはあるのですがボスの許可をもらわないといけないので後日改めて伺ってよろしいですか?」

わたしはキョトンとした。

普通の営業ならばここぞとばかりぐいぐい攻めるところだろう。

後日なんて客の気分が変わったらどうするのかと思いながら返事をする。

「ええ、いいですよ。今度の休みはっと…」

後日また会うことになった。

市内のちょっとしゃれた喫茶店が待ち合わせ場所だった。

店の奥にガラス張りの部屋があり温室になっている。花がきれいだ。

「どうもお待たせしましてすいません。注文はもうされましたか?」

「店主に待ち合わせのこと伝えたら後でいいですよといわれたので」

「ここは紅茶がおいしいですよ。よかったらどうぞ」

早速、店主に聞き本日のおすすめを頼み商談に移った。

「ボスに確認できましたのでお伝えしますが、これから紹介する案件は特異点物件といい、かなり変わった案内になります」

「特異点?特殊物件じゃなくて?」

「ええ、よくご存じで。大家に犯罪歴があるとかやばい物件は特殊っていいますが、特異点は別の意味でやばいです」

「お待たせしました。本日のおすすめニルギリ2つです。ポットの蒸らしが終わりましたらカップに注いでください」

頼んでいた紅茶がきた。ティーポットにキルト生地で覆いがされ保温されている。

横に砂時計が置かれた。落ちきれば蒸らしが終わるのだろう。

ミルクのピッチャーも並んで置かれた。

「やばいって、それを勧める君も剛毅だね」

「まあ、理由は今から説明しますが、普通は信じてもらえない物件です」

「ほう。興味深い」

実はこういった話は大好きである。面白そうな話には目がないのがバレていたのかと感じる。

そういえば世間話の時にそんな事を言ったかもしれない。

「地球の裏側ってどこだと思います?」

「日本だとブラジル近くの海だと思うのだが」

「ええ、対蹠地としてはそうなりますが、私が紹介するのは本当の裏側です」

「へ?」

「地球空洞説ってご存じで?」

「ああ、地下大帝国とかある小説は読んだことがあるな」

「そこです。信じてもらえないでしょうが、今回の物件はそこにあります」

多分、私は盛大にマヌケな顔をしていると想像できた。

なんだって?と聞き返したはずだが声が出なかった。

修正履歴

  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/05/17)
  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/05/17)

修正履歴を見る

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

ナント。
そういうことでしたか。
色々やばいことが起こりそうな予感……?

大久保珠恵

2018/5/18

2

コメントと表紙ありがとうございます。とりあえずこの話で冒険活劇はない予定です。日常と非日常の狭間を描き出したいので簡潔にまとめようかと。よろしくお願いします。

作者:暴暴茶

2018/5/18

コメントを書く

とじる

「よいしょっと、おっとっと」

穴から放り出されタイミングで体をひねり着地する。

何度も通過している俺でもやっぱり慣れないな。この特異点は。

そしてクライアントが来るのを待つ。

「うぁああ」

まあ、初めてはそうなる。

ボスから注意事項として穴から出てくる者を介助してはならないと徹底させられている。

冷たいようだが落ち着くまで静観する。

尻もちをついているが穴の周りは柔らかいクッション代わりの草が茂っており大して痛くないはずだ。

「ようこそ、地球の裏側へ」

「おお。ここが裏側ですか」

頭上、真上に太陽がある。ただ夕焼けのように赤い。

その性か、初めて来た人は死後の世界に来たかと勘違いする人もいる。

「また穴に落ちるといけないのでとりあえず移動しましょう」

「ああ、わかった」

クライアントはすぐに立ち上がった。特にけがなどはなさそうだ。

「この先に管理棟があります。そこの受付で面通しをお願いします」

「ちょっとしたキャンプ気分だな」

「ええ、仕組みはほぼ同じです。会員制リゾートと考えていただければ」

「手ぶらで大丈夫と言われたがホントに?」

「細かい説明は管理人、私がボスと呼んでる方ですが、そちらからあります」

「そっか、それにしても太陽以外は普通に見えるな」

「いやー、すぐ気がつくと思いますが、いろいろ変なので気をつけてください」

俺たちは管理棟につながる道を歩き出す。

道幅は1メートルないくらい。狭い砂利道がコテージみたいな建物まで続いている。

勘の良いクライアントならいろいろ気がつくだろう。

「ん?木の形とか草が妙だな」

「ええ、触っても大丈夫ですけど、間違っても持ち帰らないようにお願いします」

「妙に四角い気がする。花びらが4枚?」

「面白いでしょ。ここは表の世界と理が違うんですよ」

「1,1,2,3,5,8、13…」

「正解です。ここの植物にはフィボナッチ数列はありません」

通常の植物はフィボナッチ数列に依存した形を持つ。

花びらは原則、3枚,5枚,8枚,13枚、…だ。

成長点が1+1=2、1+2=3、2+3=5といった形で増えるので、ごく自然かつ単純な法則だ。

800年くらい昔にフィボナッチさんが紹介している。

四つ葉のクローバーはめったに見つからないとされているのはその性でもある。

ところがこっちではクローバーは四つ葉ばっかりなのだ。

幸運なのかはどうかはノーコメントだが。

  • 5拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

私は砂時計の砂が落ちる様子を眺めていた。

もし、真面目な話をしている際に突拍子もない話を振られたらどうするか。

冗談だと受け流す?

無視して話題を変える?

それともふざけるなと拒絶するか?

私は討論して楽しむ派である。

「それは巨大な地下空洞があるって意味でいいか?」

「巨大な空洞が地球サイズって意味なら合ってます」

「ちょっとまて。今の世でそんな与太話は信用できない。そもそもそんな空洞があったとして生活不可能だろう」

「あ、そろそろ時間のようですね。熱いうちにいただきましょう」

気がつくと砂時計の砂が落ちきっていた。

キルト地のカバーをとり、ポットから紅茶をカップにそそぐ。

「お砂糖は必要ですか?」

「いや、私はとりあえずストレートでいただく」

紅茶の芳醇な香りがたちこめる。オススメだけあって良い茶葉らしい。

とりあえず香りを楽しみながら一口いただく。

気分が落ち着いたところで話を続ける。

「もしそうだとして、そんなところでは生活できないではないかな?」

「いや、ちょっと変なところですが、生活するには快適ですよ」

「そもそも重力の問題がある。ふわふわ浮いて生活するのは無理だろう?」

そうだ。仮に地球の中が空っぽだと仮定しよう。その場合でも地球サイズなら中心に向かって重力が働くはずだ。外殻部分にすべての質量があったとしてもだ。

「特異点って何だと思います?」

突然、話題が変わる。だが結論は変わらないはずだ。

「ブラックホールの事か?」

「まあ、近いですね。一般的には数学や物理の世界で定義から除外するとか計測不可能な点です」

「何の関係があるんだ?」

「ええ、特異点物件とはそういったところを通過しないと到達できない場所です」

「地球なら穴を掘れば中心までいけるだろう?」

そうだ、理論的には穴さえ掘れば地下に行ける。問題は温度や圧力の限界でたいして深くまでいけないことだ。

「いやー。世の中ってうまくできてるんですよ。宇宙の億光年先まで観測できてすごいですが、海中に潜るだけでも10kmくらいが限界とか。なんででしょうねえ?」

「それは技術的な問題で、物理とか数学の理論的な話と無縁だと思うのだが?」

「ええ、ほんとにうまくできている」

「地殻は地震波とかを使って観測してると思うが」

「でも実際に行った人はいないですよね?」

「何が言いたい?」

「まあ、『百聞は一見にしかず』ですよ」

怪しい商売に思えてきた。大丈夫だろうか、この話。

  • 3拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 1怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

「ひゅぃぃっぅ」

後ろの穴から妙な音が後ろから響く。

クライアントが後ろに振り向く。

俺は静かに手を合わせる。

あの音は何かが特異点に飲まれたときの音だ。

何度聞いても気持ちいい音ではない。

よせばいいのに、ここを探りに来るやつが最近増えた。

ボスが何やら対策を打つとか言っていたが、かわいそうだと思う。

どうやってもボスの許可がもらえないとこの地に降り立つことはできない。

ボスは『偶然だ』と言われるが、足が滑ったら跳ねたりしてまともに着地できず、穴に逆戻りする。

そして永遠にこの世から消えてしまう。

穴から出てくる者を介助してはいけない理由でもある。

今日連れてきたクライアントにすり替わるとかしても無駄でそのまま落ちる。

はやくなんとかしてほしいものだ。

「風ですか?」

クライアントが尋ねるが俺はにっこり笑ってこう答える。

「何でしょうね?」

俺からは説明しない。それはボスの役割だからだ。

気分を変えるために話題を変える。

「もう少し歩くと視界が広がりますからお楽しみに」

「ほほう。それは楽しみだ」

このあたりは木や草が茂っており真上の太陽以外はそれほど違和感がない。

クライアントは花や木の形状が違うことに気がついたが、特に意識しなければそれほどおかしくは感じない。

「おお、すごいぞこれは」

視界を遮るもがなくなるとそこは明らかに普通ではない景色が広がる。

「地平線がない世界にようこそ」

遠景は霞でぼやけている。夕焼けのような世界なのに。

その証拠に近くの山や建物はくっきり見える。

地上だとだいたい平地で5キロメートル、建物に上れば10キロ位は先が見える。

だがその先は地球が丸いため視界から切れる形になり地平線となる。

ここにはそれがない。ちょいと先に見える山林も、ここから100キロはあるはずだ。

管理棟がちょこんと見えてるが結構距離あるんだよなあ。

ボスに自動車は無理でも自転車とかおいてくれないか頼みたいのだが未だに言えずじまいだ。

  • 3拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 1怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

オススメポイント 5

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。