0

雨男に恋をした晴れ女 ※続き書いてましたが、手違いで全部消えたので、もう書きたくない。気が向いたら書きます。

気象予報士、恋をしたとたん、当たらなくなる

更新:2018/6/7

ロンリースプーン

修正履歴

  • 改稿により一部内容が変更になっている箇所があります。(2018/06/07)

修正履歴を見る

ポイント
5
感情ボタン
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

合計:1

新人天気予報士の岡安 晴子(オカヤス セイコ)が恋に落ちたのは雨男の皆月(ミナズキ)だった。

気象予報士と天気予報士の違いがわからん。
雨の日に読んで頂ければ嬉しいです。

投稿された表紙はありません

この物語の表紙を投稿する

すべてのコメントを非表示

 「あの新人いいよねぇ」

「あの子、名前も晴子で笑顔もキラキラしてるから採用したらしいですよ。あとなんか天気が読めるとかなんとか」小太りの男がニヤけながら生放送で天気を伝えている姿を見ている。

 晴子は子供の頃から晴れ女で遠足も運動会も家族での旅行も雨だった日はなかった。「晴子が外出すれば雲に光が差す」という迷言は晴子の生まれ育った地元の同級生の間で流行っていた。

 ある種のクラスのマドンナ的な存在だったので毎週のようにラブレターや放課後に呼び出されるというようなベタな男子からも女子からもアプローチがあった。しかし晴子は恋人を作らず夢だった天気予報士になるため、将来のために恋愛はしなかった。

 そして現在、夢は叶いローカル番組ではあるが天気予報士を毎朝担当している。

今日も無事に放送を終えて会社の先輩や上司にアドバイスを聞いて周る。

 正午を過ぎた頃に帰る支度をしていると、放送時に晴子を見ていた小太りの…セクハラで訴えられそうな目つきをした男が話しかけてきた。

修正履歴

  • 改稿により一部内容が変更になっている箇所があります。(2018/06/06)

修正履歴を見る

  • 1拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。