3

地下monogatary~B2-秘密の集会場~ 完結

ポイント
119
オススメ度
24
感情ボタン
  • 7
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

合計:8

例によって爪隠し様に便乗。
またやっしー様をいじるとなんだか申し訳ないので、自分を登場させてみました。
後に続く方、好きに私のキャラを作って使って下さって結構ですよ!(*⁰▿⁰*)

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

 

 ずらりと棚に並ぶ本の背表紙を決まった順番に押せば、その奥から地下へと続く螺旋階段が現れる。そこを降りると辿りつくのは、薄暗い地下室だ。

 四方を取り囲む巨大な機械の壁。チカチカと目が痛くなるような色で周囲を照らす電子パネル。頰に当たる冷却ファンの風。時折聞こえるブザー音。

 そんな部屋の中心には、ぽつんと手のひらサイズの端末がケーブルに繋がれて置かれている。私はそれを手に取ると、そっと起動させた———

 “本日のお題は『インターネット禁止条例』です”

 画面に表示されるそんな自虐じみたお題を確認して、私はひっそりと笑みを漏らす。

 お題を表示しているのお馴染み、知恵の実印のスマホ画面だ。ついこの間まで、至る所で見かけたこのマークだが、政府がこの国からインターネットに繋がる端末を駆逐し始めてからはもはや幻の代物である。今となっては、リンゴを英名で口にするだけでも周囲から白い目で見られてしまう始末だ。

 発足した当初は違反しても厳重注意程度だったこの条例だが、インターネットを奪われた者達による暴動や凶行が度重なるにつれ、いつのまにかインターネット排除の声はますます大きくなっていた。

 なんとなく偉そうな肩書きの有識者曰く、

「インターネット依存による精神的幼若化が」

「思考の外部委託が日常化した事による弊害が」

「二次元社会で衝動的行動に対する自制が緩んでいた事が表面化」

「情報飽和を作り出すインターネットは人類の進化を滞らせる害悪だ」

 などなど。

 日々報道は過熱し、世論はそれに同調し、インターネット使用罪はどんどん厳罰化して行った。

 今では『インターネット使用犯』の扱いは、ちょっとしたテロリスト並になっている。

 インターネットに接続できる機器を所持している者は、ただそれだけで摘発対象だ。ましてやコッソリと使用している事がバレようものなら、有無を言わさず禁固刑となり、入手経路や使用経歴を洗いざらい吐かされる事になるであろう。

 だから、こうやって様々な機械を駆使してインターネットにスマホを繋げ、操作している自分の今の状況は決して笑えるようなものではない。これで私も立派な『インターネット使用犯』である。

「しかし! 負ける訳にはいかない……! お題が出題される限り書き続けるのがモノカキの使命ッ! 素晴らしい物語に出会えば表紙を捧げるのがヒョウシヤの宿命ッ! たとえ職を失おうとも! たとえこの身が追われる事になろうとも……!!!」

 私は気合を入れなおすとブルーライトカット眼鏡をすちゃっと装着し、新たな物語の世界に浸るべく最新お題ページを開いた。

「ん? もう既に物語の投稿者が……?」

 お題が出て間もない時間帯に既に投稿されていた事が意外だった。インターネット禁止条例以来、モノカキ人口は激減している。監視の目をかいくぐって生き残っているモノカキは、もうごく僅かだ。脱落していったモノカキ達の末路に思いを馳せると涙が出そうになる。

「うぅっ……まだまだ頑張っている同士がいるんだね」

 潤んだ目尻を拭いながら私は、先に投稿されていた物語のページを開いた。

「なになに? “地下monogatary 秘密の集会場へのご案内”……?」

 それは物語風に仕立てた、インターネット禁止条例に抗う同士達への呼びかけだった。

『我々は取り戻さなければいけない。創造の世界に羽ばたく自由を……!』

 その一文に、私の胸は熱くなる。そうだ、私達は戦わなければならない。みんなで遊べるストーリーエンターテイメントプラットフォームを取り戻すため!

 私は決意を固めると、この物語の作者に向けて呼びかけに応じる旨をコメント欄に残す。

『やっしー様。私、Ugyoも微力ながら共に戦う所存です』

 この日から、政府と隠れモノカキ&ヒョウシヤ達の全面戦争は始まったのだった……

修正履歴

  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/06/13)

修正履歴を見る

  • 7拍手
  • 0笑い
  • 1
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

ま、まさかUgyoさんが……モノカキが続々登場する予感。
爪隠しは戦隊モノの追加キャラ的な美味しいポジションを希望します(笑)

爪隠し

2018/6/13

2

作りましょうmonogatary戦隊…! さぁ! モノカキの皆様もヒョウシヤの皆様もレッツ便乗!
ちなみに私はNo.2くらいの立ち位置が良いですね…|ω・`)

もちろん私の書いたお話とは全く関係ない物語も読んでみたいです!

作者:Ugyo

2018/6/13

3

いかにも地下地下しい描写がグッときますね~(*´艸`*)
インターネットを規制する理屈がどれもどっかで聞いたような感じなのがまた。

大久保珠恵

2018/6/14

コメントを書く

とじる

オススメポイント 24

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。