2

地下monogatary〜B4-秘密の集会場〜 完結

ポイント
97
オススメ度
25
感情ボタン
  • 5
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

合計:6

壁|ω・*)コソッ…
そっと便乗してみました

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

 「やっしーが捕まった?」

 新聞に大きく踊る文字を見て首を傾げる。確か更新していたはずだが。

「おじさん!ごめん、間に合わなかった」

「なんだって」

 やっしーに次の端末を渡しに行ったはずの姪っ子が飛び込んできた。昼までに届けられれば大丈夫かと思っていたのだが一足違いだったらしい。

「どうする?」

「やっしーはどうにでもなるさ。あの人が何回職変えてると思ってるんだ。問題は摘発された人達だな」

「端末ないもんね。アレは?できたの?魔改造職人の誇りにかけて作るって言ってたじゃん」

「試作品だぞ、だが作動は問題ない」

 俺が作っていたのは皮膚に貼りつくフィルム状の端末だ。

「試してみて問題ないようなら、あたしが面会言って渡してくる。とりあえず一人でも渡せれば」

「そうだな、そうでなくちゃ後方支援の意味がない」

 俺は端末を起動し動作の最終確認を始めようとした。

「どうも、ものちゃんです」

「……はい?」

「だからものちゃんだよ!」

 赤いベレー帽がふよふよ動いている。

「ぼくと一緒に物語を作ってくれるんだね、ありがとう」

 フィルムの中から声が聞こえるが、ちょっと待て、俺はまだ充電してないぞ。

「もしかしてお前が……」

「お前じゃなくてものちゃん」

「あ、はい。お……ものちゃんがいれば電力供給面はクリア?」

「oh...yeah」

 腹は決まった。

「捕まってもいいから端末渡しに行ってこい」

「ひっどいなあ」

 笑いながら端末を受け取る姪っ子に俺も笑う。

「こいつがあればなんでもできるさ。さあ、反撃の狼煙を上げよう」

修正履歴

  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/06/13)

修正履歴を見る

  • 5拍手
  • 1笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

4

差し入れです笑
無味乾燥な獄中生活に潤いを(*^。^*)
ものちゃんはああ見えてきっとなんでもできる子なんですよ笑

作者:kiri

2018/6/14

5

なんかハリウッド映画っぽい展開になってきたような……!!
そしてものちゃん便利すぎる……(◎_◎;)

大久保珠恵

2018/6/14

6

確かこういうディスプレイちょっと前に発表されましたよね。それより小型で薄いのとか本当にできそうな気がします。ものちゃんは何せものちゃんですから笑

作者:kiri

2018/6/14

7

ものちゃんから始まる大革命(/・ω・)/

稚葉サキヒロ

2018/6/14

8

ものちゃんはmonogataryのためならエンヤコラです!笑

作者:kiri

2018/6/14

コメントを書く

とじる

オススメポイント 25

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。