2

地下monogatary~B499-秘密の集会場~ 完結

ポイント
138
オススメ度
27
感情ボタン
  • 1
  • 5
  • 0
  • 0
  • 0

合計:6

便乗させていただきました。主人公は私。何人かの皆さんをモデルとして登場させています。

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

 「ここまで掘れば、もう大丈夫だろう」

 そう言って、男はドリルタンクを停車させた。

 ここは地表から約1500メートルの地下。

 ドリルタンクで穴を掘り、崩れないようコンクリートで塗り固め、ようやくここまで辿り着いたのだ。

 「1階ごとに防衛ロボットを配置してある。官憲もここまでは来られないだろう」

 男はドリルタンクから降り、牽引してきた車両の扉を開けた。

 「皆さん、お待たせしました。ようやく目的地に着きましたよ」

 しかし、返事はなかった。

 「ああ、まだ目覚めさせていなかったんだけ」

 男がスイッチを入れると、車両の中にずらりと並んだ棺のようなものが光り出した。

 しばらくすると、棺の蓋が開き、中から人々が出てきた。

 「ここは、一体……」

 「部屋で小説を書いていたハズなんだが……」

 戸惑う人々を前に、男は言った。

 「みなさん、おはようございます。私は、舞殿王子です。インターネット禁止条例が施行されてから、我々は苦境に立たされていました。monogatary.comは閉鎖され、その後ゲリラ的に再開されたものの、悉く官憲に摘発され、多くの同志を失いました。そこで私は、官憲の手の及ばない、理想郷を創ることにしたのです」

 意気揚々と演説する舞殿王子だったが、人々は不安げな様子を隠せなかった。

 「あの……ここは何処なんですか? 」

 「それは良い質問ですね! ここは地表から1500メートルの地下です。ここに至るまでの経路には数々の罠と門番を配置しました。ここにいれば、条例違反で逮捕されることはありません。思う存分、monogatary.comに作品を投稿できます」

 集められた人々は、しばらくどよめいていた。

 一人の女性が、おずおずと手を挙げて発言した。

 「インターネットが禁止になって、monogatary.comが無くなったのは残念に思いますが、私は同人サークルでも作品を発表していましたので、発表の場を失ったわけではありません。こんな所に連れて来られても、正直、ちょっと困ります」

 その言葉を皮切りに、他の人々も不平を漏らし始めた。

 「元々の生活があったのに、それをどうしてくれるんだ!? 俺はmonogatary.comが全てというわけではないぞ! 」

 「地下って言ったけど、ここで生活できるのか? 空気も心配だが、水や食料は確保できているのか? 」

 「嫁と子供が不安がっていると思うので、帰してほしい」

 「みんな! ちょっと待って! 」

 女性の声に、ざわめきが消えた。

 その女性は、舞殿王子を見つめて言った。

 「言いたいことは色々ありますが……私の知る限り、貴方は只のサラリーマンのはずです。どうやってドリルタンクとかコールドスリープとかの技術を手に入れたんですか? 」

 周りの人々も、それはそうだと頷いた。

 舞殿王子は、きょとん、としてから答えた。

 「インターネットが禁止になって、monogatary.comが閉鎖されて、困ったなぁと思ったので、悪魔を呼び出して。上手いこと取引したので、まだもう一つ願いが残っていますから、大丈夫ですよ? 」

 「……だったら一つ目の願いで、インターネット禁止条例を取り消させたら良かったのでは? 」

 すると舞殿王子は破顔して、膝を叩き、笑いながら言った。

 「なるほど! その発想はなかった! そうかそうか、そういうアイデアがあったか! いやぁ、他の方のアイデアに触れられるって、本当に素晴らしいですね! 」

 その後、舞殿王子は三つ目の願いを使ってインターネット禁止条例をなかったことにさせられ、代償として魂を持ち去られた。

 地下499階に集められた人々は、地上までの長い道のりを歩かされ、しばらく筋肉痛で動けなくなったということだ。

  • 1拍手
  • 5笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

舞殿王子さんの魂が持っていかれている!(゚Д゚;)
確かに他の人がいないとアイデアは広がりませんよね
モデルが数名分かった辺り、私も立派なmonogataryの住人です(笑)
リレーにお付き合い下さりありがとうございます。

爪隠し

2018/6/14

2

舞殿王子さまがぁぁ。・゜・(ノД`)・゜・。
私達モノカキが自由に創作できているのも、舞殿さまの尊い犠牲があったからなのですね…
そして悪魔ってもしかしてものちゃん((

お題リレーで一緒に遊んで下さりありがとうございます!

Ugyo

2018/6/14

3

舞殿氏が自分で自分を書くのに笑える……。
魂戻ってきて!!

稚葉サキヒロ

2018/6/14

4

割とモノカキさんたちがリアリストで笑いました。
そして悪魔によって恐らく地獄に連れていかれたであろう舞殿王子さん……(;^_^A

大久保珠恵

2018/6/15

5

monogatary.comをよく読んでらっしゃる方にはお楽しみいただけたかと思いますが、最近こちらを知った方にも楽しんでいただけたかどうか、不安です。内輪ネタに走りすぎていないか……。さじ加減が難しいですね。
ところでこのお話の後日談の『見習い悪魔』というお話も書きましたので、よろしくお願いします。

作者:舞殿王子

2018/6/20

コメントを書く

とじる

オススメポイント 27

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。