1

【企画書】異世界ギルドの人外お姉さんたちが全力で僕をからかってくる 完結

ポイント
57
オススメ度
6
感情ボタン
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

合計:0

※本作品はコンテスト応募用の企画書で、物語ではありません。

物語の内容は、ほぼタイトルの通りです。ショタの呪いにかかった主人公が、人外お姉さんたちが多く在籍する異世界ギルドを拠点にして、異世界勇者から解呪の秘宝を手に入れるためクエストをこなす、というお話。バブみ、ギャル、動物系天然少女などの属性を持つ人外お姉さんが、ショタをからかいます。ジャンルはションタジー(おねショタ+ファンタジー)。もふもふもあるよ!

投稿された表紙はありません

この物語の表紙を投稿する

すべてのコメントを非表示

企画書

――タイトル

『異世界ギルドの人外お姉さんたちが全力で僕をからかってくる』

――ジャンル

おねショタ+ファンタジー=ションタジー

――キャッチコピー

「当ギルドはバブみ、ギャル、動物系など様々な属性の人外お姉さんが待機しています。寂しがり屋や甘えベタなど、萌える少年冒険者をお待ちしております」(※当ギルドはマニアックな出会い系ではありません)

――コンセプト

・ターゲットは『おねショタ好きの読者』。

・メインヒロインのお姉さんと主人公の少年の関係性が軸。その他の別属性のお姉さんたちは、おねショタハーレム要員であり、本命ではない。

――ストーリー

 体と魔力の成長が止まる呪いを魔族にかけられた、12歳の魔法使いユウタ。彼は呪いを解くために、解呪の秘宝を探す旅に出る。

 解呪の秘宝は異世界にあるという情報を聞いたユウタは、異世界を行き来できる異世界ギルドを拠点にする。しかし、そのギルドは半人半獣の冒険者が集う「多種族ギルド」でもあり、しかも何故か女性冒険者が多く利用していた。

 ユウタの出会う女性冒険者はみんな年上だった。バブみお姉さん『アメリア』、ギャルお姉さん『ステラ』、動物系天然お姉さん『ナル』。年上のお姉さんたちは、弟のような存在のユウタをからかいながらも手助けをする。

 異世界の勇者から依頼されたクエストをこなし、やっとの思いで解呪の秘宝を手に入れたユウタ。しかし、それをアメリアに奪われる。アメリアは魔族のしもべだったのだ。

 アメリアは魔族に「奴隷の首輪」をはめられており、そのアイテムの呪いの効果によって従属させられていた。ギルドに出入りし、優秀な冒険者の芽を早めに摘む役割を与えられていたのだ。

 アメリアはユウタが可愛くて殺せなかったが、早く殺さないと自分が魔族に殺されると告白する。ユウタは「それなら僕がアメリアさんのそばにいて、魔族からあなたを守ります」と宣言。アメリアはユウタの男らしさを見て、一瞬だけ男として意識してしまう。

 直後、解呪の秘宝が壊れて、アメリアの首輪が外れる。奴隷の首輪の効力と相殺されたのだ。ユウタの呪いは解けなかったが、アメリアを助けることができてユウタは喜ぶ。

 ショタの呪いを解くため、ユウタの旅は続く。

――キャラクター

◆ユウタ

・主人公。12歳の少年の冒険者。中性的な顔立ちの美少年。背は低い。笑顔が天使。

・誰とも仲良くなれる優しい子。人懐っこくて、人を信じやすい性格。それ故にお姉さんたちに騙され、からかわれることが多い。

・徐々に性に目覚めつつあるお年頃。お姉さんたちの大胆なスキンシップや、ちょっぴりHな攻撃にたじたじ。

・魔法の才覚がずば抜けているが、体力と防御力がないので、ギルドでクエストを受注する際には誰かしらパートナーをつける。

・成長が止まる魔法を魔族にかけられる。理由は「このまま成長すると、間違いなく魔王軍を脅かす存在になるから」。

◆アメリア

・メインヒロイン。18歳の女性冒険者。異世界の勇者。おっぱい大きい。

・龍人【ドラゴニュート】。龍の血をその身に宿す。基本的な姿は人間だが、太いしっぽが生えている。先っぽはかなり敏感。普段はないが、龍の力を解放すると翼が生える。

・属性は「バブみがある龍人お姉さん」。ユウタにぎゅっと抱きついたり、頭を撫でたり、お風呂に入ろうとしたり、手を繋いできたりと、ユウタを子ども扱いしている。

・おっとりしているが、芯の通った強い人。優しくて仲間想い。ユウタを子どもとして見ており、ちょっぴりHなスキンシップを無自覚的にする。

・龍の血をその身に宿すため、全体的にステータスは高い。剣を自在に使いこなす。魔法も得意。

・首輪をしているが、実は奴隷の首輪という呪われたアイテム。アメリアが魔族につけられたもので、これをつけられた者はつけた者の命令を聞かなければならない。魔族はアメリアに「ギルドに通い、将来有望でいずれ魔王軍を脅かすような冒険者を早めに始末せよ」と命令を下している。

◆ステラ

・17歳の女性冒険者。異世界の踊り子。布面積少ない。

・鳥人【ハーピー】。頭から膝のあたりまでが人間。肩から先には鳥の翼、膝から下は鷹の爪を持つ。

・属性は「ギャルの鳥人お姉さん」。お色気でユウタをからかう。ただし意外と奥手で、攻められるのは苦手。

→はだけた胸をつい見てしまうユウタに「どこ見てんの?」と近づく。「み、見てませんからぁ!」と、ユウタがぶんぶんと手を振って否定したとき、おっぱいに触れる。ステラは可愛い悲鳴を上げ、顔を赤くして胸を隠す。ユウタに「ご、ごめんなさい!」と謝られても、「お、おう。アタシも悪かったしさ……」と急にたじたじ、みたいな。

・特殊な効果を敵や味方に付与する「踊り」や「歌」を使って戦うサポートキャラ。敏捷性が高く、空も飛べる。

◆ナル

・16歳の女性冒険者。異世界の格闘家。

・獣人【ワーウルフ】。ケモ耳やしっぽがあり、それぞれもふもふしている。

・属性は「動物系&天然」。口数が少ない。クールというよりも、ぼーっとしている感じ。食欲旺盛で本能的。ユウタの体を舐めたり。耳を甘噛みして味を確認したり。服が濡れればユウタの前でも脱いで着替えたり。眠くなったらユウタの膝の上でお昼寝したりする。

・身体能力が人間のそれを凌駕しており、近接格闘はかなり強い。

  • 0拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

【モノコン2018物語部門 予選通過のお知らせ】ところどころにやや既視感も見受けられるものの、キャラクター設定に魅力があり、「このキャラクターたちが活躍する物語を読んでみたい」と純粋に思いました。企画書形式という斬新な発想に驚かされたので、これを元にした物語でさらに驚かせて欲しいです!

2

モノコン2018予選選考スタッフD様、コメントありがとうございます。
応募要項を読ませていただき、企画書形式も審査してくださるだろうと思い、応募させて頂きました。こうして予選通過できたこと、嬉しく思います。コメントに「これを元にした物語でさらに驚かせてほしいです!」とありますので、小説版も書いてみようかと考えております。

作者:上村夏樹

2018/8/1

コメントを書く

とじる

オススメポイント 6

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。