3

ちゅうかなまち

ポイント
142
感情ボタン
  • 25
  • 2
  • 2
  • 2
  • 0

合計:31

うたた寝する前は娘と中華街にいたはずだった。

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

「ママ、起きて! 起きて!」

揺さぶられて一気に現実に引き戻される。

「ごめん、ごめん」

ふくよかな茉莉花(ジャスミン)の香りが通り過ぎる。

どうやら花茶を啜っている内にうたた寝してしまったらしい。

「理可(りか)ちゃんはもう杏仁豆腐食べた?」

夏休み最後の今日、四歳の娘と電車で二十分の所にある中華街に遊びに来た。

今年は夫の夏季休暇が理可の幼稚園の夏休みと折り合う形では取れなかったので、代わりに私がそんな日帰りの小旅行を繰り返している。

「全部食べたよ!」

笑顔で頷く娘とは裏腹にこちらは目を丸くする。

昔の中国の茶館を模した店内は、お揃いの青と白のストライプ模様の半袖サックワンピースを着た私たち以外、全員とも旗袍(チャイナドレス)や長袍姿だ。

*****

「ママ、次はどこ行くの?」

麦わら帽子の理可が私を見上げて尋ねる。

「どこって……」

店の外も旗袍や長袍で行き交う人だらけだ。

しかも、お土産屋さんで売っている、いかにもコスプレ風のテカテカした赤や青のサテン地ではなく、日常的な木綿地を纏った人が大半だ。

“建國電影院”

“東亞書局”

“銅鑼大厦”

目に入る屋号も、建物も、妙にだだっ広い石畳の路地も、私がこれまで幾度も訪れた中華街とは異なる。

どこかゴマ油臭い匂いも日本の都市の一角で観光地化された中華街のそれよりもっと生々しい。

だが、リアルタイムの中華圏のどこかとも思えない。

大体、今時は旗袍や長袍など日常的に着ている人は殆どいない(日本の着物と似たような位置付けだ)。

「ドウラタイカまでお願い」

不意に耳に飛び込んで来た声に振り向く。

私は思わず繋いだ小さな手を握り締めた。

シックな珈琲色の旗袍に真珠色のビーズバッグを抱えた女が人力車の座席に腰掛けている。

「はい!」

若い車夫が石畳の路地を走り出した。

つと、車上の女がこちらに眼差しを向ける。

すると、相手もいかにも古風な中国美人めいた切れ長い目を大きく見開いた。

“何、あれ”

そんな心の声が聞こえるような面持ちだ。

この街では麦わら帽子にサックワンピースを着た私たち母子こそが異様な出で立ちなのだ。

ジリジリと照り付ける夏休み最後の陽射しは変わらず眩しいのに、人力車の駆け去った後の路地を吹く風は埃っぽくてひやりと冷たい。

修正履歴

  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/10/14)
  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/09/05)

修正履歴を見る

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 1怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

*****

とにかく、この街を出なくてはいけない。

そんな思いに駆られて歩き出す。

「あのおっきいビルの向こうに行くよ」

取り敢えず“銅鑼大厦”と屋号を掲げている、あの巨大な塔じみたビルまで行けば、そこを分水嶺にして普段通りの風景が広がっている気がした。

中華街の門をくぐれば一般的な都市の眺めが待ち構えているようにだ。

「あのおっきいビル、なんてかいてあるの?」

繋いだ小さな手の汗ばんだ温もりだけが今は確かな現実に思えた。

「ドラタイカ、かな?」

そういえば、人力車に乗った女性も「ドウラタイカ」とか言っていたが、あのビルだろうか。

四歳の子の歩幅に合わせて歩く私を、後ろから次々旗袍や長袍姿の住人たちが追い越していく。

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 1怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

*****

「あ、おともだち!」

理可が古びた灰白色の煉瓦造りの建物の見える方角を指す。

この子が「おともだち」と言うのは、実際のところ、顔見知りではなく単に同世代の子供のことだ。

そう思いつつ、目を移したところで息が止まった。

丸い帽子に裾の長い服、しっかり編み込んだ辮髪をちょこんと背中に垂らした男の子が二人いた。

まるで「ラストエンペラー」の幼帝溥儀や「幽幻道士」のベビーキョンシーだ。

年の頃は五歳と三歳位だろうか。

似通った円らな瞳から兄弟と知れた。

「あそぼうよ!」

青と白のストライプワンピースが駆け寄ると、小さな弟はまるで吼える犬でも目にしたように兄の背に隠れる。

「だれ?」

丸帽子の兄は理可に向かって小首を傾げる。

私が早足で近付くと、丸帽子の兄弟二人はどちらも固まった面持ちになった。

「ごめんね」

この子たちからすれば私たち母子こそ変な格好をしたお化けみたいな異邦人なのだ。

「わたし、リカちゃん」

麦わら帽子の娘は飽くまで笑顔で告げると、アニメのお姫様がするように両手でスカートを広げて見せる。

「ぼく、タイゲン」

兄の背に隠れていた弟が拍子抜けするほど素直な声で答えた。

「おれはタイハク」

丸帽子の兄は背後の建物を指す。

「今日はデンエイを観に来たんだ」

建物の入り口には“建國電影院”と切り文字の看板が出ている。

修正履歴

  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/10/01)
  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/09/30)

修正履歴を見る

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

「映画館なのね」

近くの看板には上映中らしい映画のポスターが貼ってある。

“香港之夜”

これはセピアが勝った写真をトレースした風なポスターだ。

主人公らしい男女の背景に広がる街は1960年代の香港だろうか。

どうも、この世界の「香港」と私が認識している「香港」という都市が完全に一致しているのか自信が持てない。

“魔法少女白蘭”

これはお団子頭に真っ青なサテンのチャイナドレス、魔法ステッキらしい水色の棒を手にして笑う若い女優さんの写真ポスターだ。

昔、見た「ちゅうかなぱいぱい」や「ちゅうかないぱねま」に似ているが、この女優さんはどちらでもない気がする。

“西遊記”

こちらは京劇風の隈取りをしたお猿さんのアニメだ。

中国本土で制作されたアニメの絵柄がこんな風だった気がする。

「おれら、サイユウキのデンエイを見るんだ」

辮髪のお兄ちゃんは笑顔でアニメ絵の猿を指差す。

どうやらここでは「西遊記」はそのまま「サイユウキ」、映画は中国語の「電影」を「デンエイ」と日本語的に音読みした言い方をするらしい。

基本は日本語で話していてもそんなズレがある。

「これ、エルサ?」

理可が魔法少女のポスターに首を傾げる。

青い衣裳がディズニー版の「雪の女王」に見えるらしい。

「パイランだよ」

辮髪の小さな弟が目を丸くする。

「お姉ちゃん、知らないの?」

おばちゃんも知らない。

「ほら、あんたたち」

つと、温かな甘栗の匂いがふわりと鼻を撫でた。

修正履歴

  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/09/22)

修正履歴を見る

  • 1拍手
  • 1笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

「あら」

振り向くと灰色の髪に翡翠の簪を挿した、苔緑の繻子の旗袍を纏ったお婆さんが紙袋を抱えて歩み寄ってくるところだった。

「ニホンマチからいらしたのね」

温かな甘栗の香りを放つ紙袋を胸に抱き、穏やかな瞳を何か察した風に私たち母娘に注ぐ。

「お祖母ちゃん」

辮髪の兄弟が駆け寄った。

「栗ちょうだい」

「デンエイの前に食べようよ」

幼い孫たちに腕を取られながら、古式ゆかしい旗袍のお婆さんは苦笑いして続ける。

「私も昔、ニホンマチに住んでたんですよ」

「そうですか」

こちらも曖昧な笑顔で頷く。

何故かこちらの詳細を説明するより相手の常識に従うべきに思えた。

  • 3拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。