4

アリアとマリア 完結

ポイント
93
オススメ度
14
感情ボタン
  • 5
  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

合計:6

寒い寒い冬の日

肺を患った少女と、そのクローン

生きたくない彼女と、死にたくない彼女

1位の表紙

すべてのコメントを非表示

 私はどうやら、クローンと呼ばれる存在らしい。それを悟った時、同時に私がなんの為に生み出されたのかを知った。

 貴女の肺が出来たそうよ

 まあそれでは、私も皆と同じように外を駆け回れるのね

 先生の目を盗んで白い病棟を探検したときに聞こえたそんな会話。どこかで聞いたような声がなんとなく気になって覗いて、後悔した。

 楽しそうに話す母娘。その娘、私と同じ顔、同じ声。

 肺とは、嗚呼、きっと、紛れもなく、私のこと。私は彼女を生かすために生まれ、そして、殺されるのだと、そう知ってしまったのは、まだ私という存在が意識を持ってから1週間も経たない頃だった。

 私はどうするべきか。本来の存在意義を果たさなければならないか。否。経緯がどうあれ、私とて生まれたひとつの命だ。私にだって生きる権利はあるはずだ。いや、いいや。そんな理屈などいらない。ただ私は生きたい。生きたいのだ。

 逃げてしまおう。いや駄目だ。人気のない夜には病院の扉が閉まってしまう。ではどうしようか。ああそうだ、あの娘を殺してしまえばいい。ああそれは名案だ。そうすれば私が殺される理由はなくなる。構うことはない。あの娘だって自分の命のために私を殺そうとしているのだ。私があの娘を殺すことが、どうして咎められようか。

 そうひとりで言い聞かせて、私は鋏を手にした。母親が帰る時を見計らって、そっと忍び込む。けれども彼女は、鋏を振り上げた私に向かって、貴女はだあれ、などと穏やかに問うのだ。拍子抜けだ。かわいいこの娘はきっと悲鳴なんてあげて助けを求めるような、そうして私は見つかってしまうような、そうなったらどうしよう、どうやって逃げきってやろうか、なんてことばかり考えていたのに。

 貴女は私の肺かしら

 いいえ、そんなものになるものですか

 ええそうね、私も要らないわ

 それはおかしい、ならばどうして貴女は私を作ったの

 私じゃないわ、私が生きたいわけではないわ、周りのおとなたちが私を生かしたいだけなのよ

 私は生きたいと思ったことなんてないわ、などと言う彼女に、私は激昂して叫んだ。それならばどうして私はここにいるの、どうして私は貴女のために生み出されたの、生きたいなんて思わない貴女のために! ああ馬鹿な話だ。それでは最初から私に存在意義などないではないか! 私は生まれなくとも良かったはずなのに、死ななくても良かったはずなのに。

 ならば逃げればいいじゃない、私は貴女を恨まないわ

 簡単に言わないでもらえるかしら、それが出来るのならば、私は最初から貴女のところには来ていないわ

 愚鈍な彼女は、それでようやく私がここにいる理由を悟ったらしい。納得したように頷いて、けれど逃げる素振りは見せなかった。馬鹿な女だ、私はお前を殺そうというのに。鋏を振り上げたままの私は、いよいよもってそれを振り下ろそうとした。

 まあお待ちなさいな。ここで私を殺したって、すぐにお医者様が来て貴女を捕まえて、そうすれば貴女は裁かれてしまうわよ

 でもこのままでも、私はお前のために殺されてしまうのだもの

 そうね、だから少し、皆を吃驚させてみるなんてのはどうかしら

 また可笑しなことを言うものだ。どこまでも暢気な彼女は、楽しげに私に笑いかけた。自分の腕に繋がった管を指差して、悪戯っ子のように微笑むのだ。

 これを外したら、お医者が驚いて飛んでくるわ。だからその隙に、ふたりで逃げてしまうの。きっと、お医者様もお父様もお母様も、皆吃驚して私のこと探し回るわ。だからどこまでだって逃げてやるの。どうかしら、楽しそうじゃない?

 逃げられるの?

 分からないわ。だけど、貴女ひとりで逃げるのも、私を殺すのも上手くいくか分からないのだから、試してみてもいいのではないかしら

 貴女はどうして逃げたいの、このままここに居れば助かるのではないの?

 助かるでしょうけど、それは私が望んだことではないのだもの。私は自然に生きて死にたいだけ。病で死ぬなら、それが私の終わり方だと思うから、それを他人にねじ曲げられたくはないの

 私には分からない、貴女の言う事が分からない

 構わないわ。きっと誰に言っても分かっては貰えないもの。それで、お話は受けてくれるのかしら

 すこしだけ考えて、私は頷いた。彼女の言うとおり、どれもこれも確実なものがないのだから、どれを選んだって同じなのだ。確実なのは、このままでいればいずれ訪れる私の死と彼女の生だけ。ふたりともがそれぞれの生と死を望まないのなら、こんな場所に価値などない。

 それなら決まりね。では早速逃げてしまいましょう

 言うなり、管を強引に引抜く。あまりに突然で躊躇いの無い動きに呆気に取られた私は、彼女に腕を引かれてようやく走り出した。

 ふふ、本当はね、ずっといつ逃げてやろうかなんて考えていたの。貴女が来てくれて良かったわ、きっかけをありがとう

ばたばたと慌てて走っていく医者や看護師から隠れながら、私たちは病棟から抜け出して雑踏へと踏み出した。22世紀も終わりを告げようかという冬の日のこと。

 しばらく走って、私たちは立ち止まった。彼女がごほごほと激しい咳をして苦しそうにしているのを、私はただ背中を擦るなんてその場凌ぎの対処で誤魔化した。ああ、そういえば、肺だったか、なんて。

 彼女の体に無理がかからないように見つけた公園で座りこんでいると、不意にその彼女が話し掛けた。

 私はアリア。貴女、お名前は?

 448番

 それは名前ではなく番号ね、もしかして名前は無いのかしら

 ずっとそう呼ばれていたから、これが名前でないのなら私は名前を持っていないことになるわ

 そう、じゃあ私が名前をつけてもいいかしら

 そんなことを言ってうんうんと唸る彼女は、随分と可愛らしく見えた。私のクローンなら、貴女もアリアかしら、などと真剣に考えているのがとても滑稽で。私たちには私たちしかいないのだから、名前など要らないのだ。「私」と「貴女」で済んでしまうのだ。だというのに。

 そう! ではマリアにしましょう! 貴女は私ではないものね。同じ名前ではいけないわ。それに双子みたいで可愛らしい

それでも与えられた名前というのは嬉しくて。呼んでくれるのはきっと彼女だけなのだけれど、誰かに誇らしく名乗ってみたくて

 ええ、私はマリア。マリアが私の名前

 そうやって笑い合っている時間は、きっと「しあわせ」と呼べるものなのだろう。

 冬の夜は冷える。地面の冷たさは病院から逃げてきた私たちの素足には痛いほどで、吸い込んだ空気は容赦なく体温を奪っていく。私にだって厳しい空気、肺に患いのあるアリアなら尚の事。咳が止まらなくなって、そこに血が混ざるのに長い時間は掛からなかった。

 こうなることも分かっていて、アリアは逃げたの?

 ええ、もちろん。他では生きられないからずっとあの場所で管に繋がれていたのだもの

 後悔はしていないの?

 愚問ね。今の私が不仕合せに見えるかしら

 それならいいのだけど、けれど私、あのまま病院にいれば、貴女にはもっと幸せな未来があったように思うわ

 貴女がそれを言うのね、可笑しいわ。けれど、お母様がしてくれたどんな話よりも、お父様が見せてくれたどんな玩具よりも、貴女と過ごしたこの日の方が楽しかったのよ

 降り始めた粉雪に彩られた彼女は、なるほど確かに満たされたようで。安心したように私に寄り掛かって、眠るように、死んでいった。

「寒いわよ、ばか」

ふたりの体温で暖を取っていたのに。これでは私まで凍え死んでしまうではないか。嗚呼、けれどそれでも構わないと思うのは、随分と彼女に毒された証拠だろうか。

 降り積もる雪の中で、手足が痛む。けれど、痛くても辛くはない。なぜならこれは、反逆の証だから。私たちが自分の運命に抗った結果だったから。私たちが生きた、なによりの証拠だから。

 痛みが随分と薄れ、不思議と体が暖まってきた頃には、もう身体は動かなくなっていた。それでもいい。いつの間にか、生きたいなどという気持ちはどこかに行ったようで。今はただただ、アリアといたいその一心。

 ねえアリア、私は人間がどうやって生きていくのか知らないけれど、人間にとっての幸せがどういうものかも知らないけれど、それでも私は貴女の言う仕合せがどういうものか、なんとなく分かるわよ

 それでね、私、自分だって今は仕合せだって思うの。貴女と来て良かったわ。ひとりで逃げていたら、きっと寂しかったものね

 返事をくれないアリアを見つめて、私はそっと目を閉じた。目が覚めたら、きっと私たちは本当の双子になっていて、暖かい部屋でたくさん遊んで、そんな夢────。

  • 5拍手
  • 0笑い
  • 1
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

美しく悲しく優しい物語だと思いました。
殺される定めだったけど、死にたくなかった彼女。
そして、生かされるはずだったけど、死に場所を探したかった彼女。
敷かれたレール以外に、彼女たちの居場所は、きっとなかったのでしょう。
だから、こういう結末以外になかったのでしょうね。
しかし、きっと、この後は……と思う読者は多いはずです(´;ω;`)

大久保珠恵

2018/9/24

2

色々と考えさせられる作品でした。

どちらの〈彼女〉も、運命に抗い〈生き〉ようとした。
片や臓器を提供するだけの〈パーツ〉としての運命から。
片やベッドの上で管でつながれ〈殺され〉続ける運命から。

己の意志で運命に抗い、生きようとするふたりの姿は、
たとえ泥にまみれていても美しいと思いました。

これぞ人間賛歌。

Enin

2018/9/24

コメントを書く

とじる

オススメポイント 14

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。