2

夜半の蝶

ポイント
57
感情ボタン
  • 2
  • 0
  • 1
  • 1
  • 0

合計:4

夜にひっそりと行われる“蝶の欠伸”の公演。そこで語られるのは、奇妙で残酷な物語——

1位の表紙

2位

目次

すべてのコメントを非表示

壱 さくら

お集りの紳士淑女の皆様、“蝶の欠伸”へようこそ。

こんなにも胡散臭い場所にいらっしゃるなんて、よっぽどお暇なのか莫迦なのか。

そのどちらともでしょうか?――嗚呼、勿論冗談ですよ。

冗談が下手?ええ、よく云われます。この職に就く者らしからぬ、つまらない男ですから。

そのせいで、今宵も閑古鳥が鳴いておりますね。

さて、これから私がお話するのはとある男女の物語。

察しの良い方にはお判りでしょう? 男と女、とくれば。

そう、恋の噺でございます。其れも大層、酷いものでね。

帰るのならば今のうちですよ。嗚呼、お代はお返しできませんから。御覧の通り、我が愛しの“蝶の欠伸”は、万年火の車でしてね。

……よろしいですか?

今宵、満ちた月の下で語るは恋の物語。

美しき異形の愛、醜い人間の性。

遠くて近きは男女の仲、はじまりはじまり。

むかし、とある男が夜道を一人で歩いておりました。人気もなく、静かな割には――嗚呼まるで今宵の如く、やけに明るい月の晩でした。

それがなんとなく不気味で、男は早足で歩いていきます。仕事道具を抱えて。

ようやく家に着き、さて床に着こうというときに戸を叩く音がしました。

トントン、トントン

控えめに、それでもたしかに音がしたのです。

男は不審に思いながらも、戸を開きました。

するとそこには、一人の年若い女が立っていました。

濡れたように艶のある髪が、やけに色っぽい女で御座いました。

それはもう、この世のものとは思えぬほどの美貌だったそうですよ。

女は、道に迷ってしまい今夜の宿もないのでどうか泊めて欲しいと言いました。

男はしばらく考え込みましたが、あまりに女が可哀そうで承諾してしまいました。

それから男は、なぜ娘一人で此処まで来たのかと女に尋ねました。

女は深く事情は話せないが、恐ろしいものから逃げているのだと答えたのです。

涙に揺れる瞳が、哀れで愛おしくて。男は女の白くて冷たい手を取り、慰めの言葉をかけました。女はその言葉に励まされたのか、微笑みを返したのでした。

ご期待に沿えず誠に申し訳ないのですが、その夜は“ナニゴト”もなく床につきました。

男は女のために、客用の布団を敷きました。

さぁ、皆様!!お気づき通りにこの女は人間では御座いません。

このような物語に出てくるような男は阿呆なので、微塵もそうは思っておりませんがね。

ありがちな怪談噺だと笑ったそこの御方、席を立つのはまだ早い。

これは、恋の物語なのです。他の誰のものでもない、異形の女だけの恋物語なのですよ。

明けない夜などない。二人は朝を迎えます。

男は女に朝餉を提供しました。二人は会話を重ねて、仲良くなっていきました。

男は女の色香に釘付け。美女の魅力には抗えないのです。

仲を深めると、当然別れが辛くなるもの。

男は、行くあてがないのならば此処にいるといいと申し出ます。

迷惑をかけてしまうから、と女は遠慮をして断ります。しかし、男のつよい勧めにより女はついに受け入れるのでした。

恐怖に怯える、か弱い女を。自分に微笑みかけてくれる、美しい女を。男はこの手で守りたいと心の底から思っておりました。

君が恐れるものから守ってあげよう。その誓いに、女は嬉しそうに頷き返します

それからの甘い日々は、言うまでもないでしょう。詳しくお話しするほうが野暮ってものです。肩を寄せ合い微笑みあう二人。素肌を合わせて囁き合う睦言。

濃密なこの時が永遠に続くかと思われましたが。

さて皆様、この女は一体なにから逃げているのでしょう。

恐ろしいもの、えぇそれは勿論ですとも。

しかし、この女にとっての恐ろしいものとは一体なんだというのです?

我々人間の云う恐ろしいものと、化け物の云う恐ろしいもの、果たして同じでしょうか?

――おや、焦らされるのはお嫌いですか?

堪え性のない方々のために、そろそろ結末へと向かいましょうか。

醜い自分にも、夢くらいはある。憧れることくらい、あるのだ。

蝶が舞う花畑で、彼と二人で散歩する。穏やかで甘い春。

でも、春は永遠に続かない。いつかは冬がやってくるから。

恋する気持ちを、手放す日がやってくる。ようやく手に入れた、あたたかな感情を。

そう、女は終焉を恐れていたのです。

人間である男に振り向いてもらえず、悲しい恋の終わりを迎えることを。

諦めるはずだった恋でした。自ら男のもとを去ろうとしていたのですから。抑えきれないほど膨れ上がった想いとともに、命を絶つつもりでいたのです。報われない想いを背負ったまま長い時を生き続けることは、化け物には不可能。

美しい人間の女に化けるため、満月の晩を待ちました。

自決により迎える恋の終わりから逃げるように、愛しい男のもとを訪れました。最期の思い出に、すこしでも話がしたかっただけなのです。

本当は、あの晩泊めてもらわなくても構わなかったのでした。

愚かな化け物は恋が叶ったと思った!!

化け物の恐れるものから守ってくれる、そう男は誓ったのだ!

この恋に、終わりなどは永久に来ない!!

――男を信じている。なぜなら彼を愛しているから。

女は本当の姿で一緒に過ごしたいと思うようになった。

愛の味を一度知った化け物は、より深い蜜を求めたのです。

本当の姿で、交わりたい。愛を囁き合いたい。終わりなき恋、嗚呼なんと幸せなことか。

繊細に紡がれた化け物の夢は、美しくもあり同時に儚くもありました。

ある春の日の穏やかな昼下がりのことでした。女は男に、大切な話があると云いだします。

男は優しくそれを促しました。穏やかな男の声に、化け物は期待を寄せました。

愛する男の瞳に映る、偽りの自分の姿は美しい。本当はこの姿に生まれたかった。

それでも、彼が本当の自分を受け入れてくれるのならば!

化け物は、自分自身のことも愛することができたのでしょう。

女は深呼吸をして目を閉じます。

心優しい彼ならばきっとこの姿も愛してくれる。

女はそう信じたのです。

男は、突然裂けた女の身体に悲鳴を上げて腰を抜かしました。ぱっくりと裂けた身体から現れる、化け物の姿。

鈍色の巨大な肉塊にはめ込まれた、血走った三つの大きな目。不気味に蠢く触手。強烈な獣の臭い。

化け物は男に落ち着くように声を掛けます。これが自分の本当の姿だと、これからはこの姿で一緒にいようと。

化け物の言葉に、男は顔をさらに歪めます。

それは化け物が、数え切れないほどに向けられたことのある表情でした。

心の底からの嫌悪。それに気づいてしまった化け物は、大きな口を開けて――

化け物は、男に愛されていないことを知ってしまった。それに絶望して、信じたくない事実に混乱して、我を失ったのです。人間らしい感情に憧れ、翻弄された化け物の結末。

哀れなことに、最後は化け物らしい行動を衝動的にとってしまったのでした。

見た目だけで勝手に美しい人間の女だと判断したくせに、そうではないと判ると拒絶するだなんて。なんとも酷い噺だと思いませんか?

……この化け物の生死? 私には判りかねます。

嗚呼、けれども。もしも生きているのだとしたら、恋に落ちた時のことを是非教えて頂きたいものです。化け物がなぜ男をあれほどまで愛したのかは、この物語では語られていませんから。

穏やかな春の日に、彼女と語り合えたらきっと楽しいでしょうね。

(終演)

修正履歴

  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/09/30)

修正履歴を見る

  • 2拍手
  • 0笑い
  • 1
  • 1怖い
  • 0惚れた

1

異形の女の恋物語。
一体、正体を知るや態度を翻した男が悪いのか、それとも行動すら化け物でしかなかった「彼女」が悪いのか。
悲しいというにはあまりに凄惨、愚かといえばどちらも愚かですが。
しかし、彼女には平気な顔をして生きていてもらいたいな……と個人的には思いますね(*´艸`*)

大久保珠恵

2018/9/30

2

雰囲気たっぷりの妖艶なお話でした。噺家となる女性が語るという発想、すてきですね。女性の語り口も古めかしくて怪しげで見とれました。

枯葉猫

2018/10/4

3

>大久保珠恵様
コメントありがとうございます。
消化吸収した馬鹿な男は忘れて、強かに幸せにいきて欲しいですね!
すこしやりすぎたかな、と思いましたがお楽しみ頂けたのなら幸いです。

作者:青田 薫

2018/10/5

4

>枯葉猫様
コメントありがとうございました。
口調や言葉遣いを考えるときは大変でしたが、とても楽しかったです。お褒めの言葉非常に嬉しく思います。

作者:青田 薫

2018/10/5

コメントを書く

とじる

弐 蜘蛛になった男

お集りの紳士淑女の皆様、“蝶の欠伸”へようこそ。

本日はお足元の悪いなか、よくいらっしゃいました。

なにぶん襤褸屋なもので、雨音、雨漏りが酷いですがご容赦くださいませ。

それにしても、こんな夜には妖の類が出そうですね。同僚がね、最近此処でよく見ると云うのです。

ほぉら、云ったそばから貴方の背後に大蜘蛛が!

――嗚呼、勿論冗談ですよ。

くだらない冗談はやめろ?

これでも努力しているんです。つまらない男なりに、ね。

さて、これから私がお話するのは妖怪退治の噺。勇ましい主人公が登場する痛快な冒険譚で御座います。

勿論、一風変わっておりますが。

帰るのならば今のうちですよ。お代はお返しできませんけれど。御覧の通り、我が愛しの“蝶の欠伸”は資金不足ですので。

……よろしいですか?

今宵、雨に紛れて語るは禁忌の物語。

走り出した狂気、夢見た世界。

儚く醜い英雄譚、はじまりはじまり。

むかし、とある小さな村に勇敢な若者がおりました。真面目で優しい性格で誰からも好かれており、人望のあつい男で御座いました。

ある日のことです、村の近くにある山に妖怪の大蜘蛛が住み着いたという報せが届きます。

村全体を不安が包み込みました。

山には近寄れぬ

どうやって生活すれば

妖怪が山から下りてきたらどうするのだ

退治しよう

一体誰が

ここで名乗り出なければ、正義の主人公とは云えませんよね?

そう、若者はついに立ち上がるのです。 村の人々を脅かす大蜘蛛を、自らの手で退治するために!

若者は人々の期待を、その逞しい肉体に浴びました。

正義に憧れ、理想を求める彼は大蜘蛛退治の成功を確信しておりました。

己の力と知性があれば、必ず退治できる。皆が安心して生活できる世の中に変えることができる。

彼こそまさに主人公——それはもう奇妙なほどまでに、ね。

ところで、皆様は大蜘蛛とはどのような妖怪かご存知でしょうか。まぁ、土蜘蛛と呼ぶ場合もありますが。

大蜘蛛、その名の通り巨大な蜘蛛で御座いますね。

歳を経た蜘蛛が怪しげな能力をもつ、という俗信もあります。蜘蛛というのは、なにかと不気味がられる存在ですね。ふふ、私は意外と嫌いではないのですが。

平家物語では、山蜘蛛と呼ばれておりかの有名な源頼光が討ったとされております。

老婆に化けたり、人間の血を吸ったり、非常に厄介な妖怪です。

また上古の日本において土蜘蛛は、朝廷や天皇に恭順しなかった土豪たちを示す名称となっております。

——そう。所謂、“悪”ですね。

若者は大蜘蛛退治の準備を始めました。自信はあれども、準備を怠るような者ではないのです。

若者が新調した弓を隣村へ取りに行った帰り道のことです。今宵とは異なり、雲一つない晴天の日だったそうですよ。

何処からともなく、大量の子蜘蛛が湧き出してきました。黒くて小さなそれは、甲高い笑い声を響かせます。

若者は立ち止まり、辺りを見渡しました。村人の姿はありません。嫌な予感がして、若者は弓を構えました。

子蜘蛛達は群れとなり、まるで一つの生き物のように動き出します。

それは若者を導くかのように、或いは誘い込むかのように蠢いておりました。言わずもがな、若者は子蜘蛛の群れを追いかけました。

どれほど追い続けた頃でしょうか。村の長の家に辿り着きました。

若者が驚き戸惑っているうちに、子蜘蛛達は散り散りになっていきます。

最後に残った一匹は、微かに開いた窓の隙間から長の家に入っていきました。子蜘蛛の様子を不審に思い、若者は窓の隙間から家の中を覗き込みました。

するとそこには見覚えのある面々が!

村の長と、年老いた彼の仕事を補佐をする男達が皆集まっていたのです。なにやら怪しげな雰囲気に、若者は耳を澄ませます。

あの若造をどうする

これでは我々の計画が

あの山の宝を全て手に入れる前に、山へ来られたら……

あの時止めておけば良かったものを!

そうしたら不自然でしょう。仕方のないことです。賄賂でも渡して黙らせては?

それでは緩い。殺してしまえ。村の奴等には妖怪にやられたとでも言えばいい。大蜘蛛への恐怖も増し、誰も山へは来なくなる——

嗚呼、なんということでしょう。

山に妖怪がいる、だなんて。

最初っから嘘だったのです。

若者は怒りで震えました。

俺が救うべき民とはなんだったのか‼︎

正義の英雄は弓を握りしめて、悪党の巣に踏み込みます。

さて、大変なことになりました。

全て聞かれたことに動揺した悪党共は、醜くも懸命に言い訳を連ねます。

若者の耳には一言も入りませんでしたが。

宝はお前にいくらでも分けてやる‼︎なんなら土地をやってもいい!悪い話じゃあないだろう!ほら、頼むから、その弓をおろし

真っ直ぐに射られた矢は、寸分の狂いもなく長の心の臓へ突き刺さります。

黒い血が、若者の着物を汚しました。

逃げ惑う悪党を、若者は成敗していきます。淡々と、冷静に。

全ての悪党を倒した頃には、若者の身体は闇のような黒に染まり切っておりました。その姿はまるで、あの蜘蛛のよう。

村の長は枯れ枝のような手をこちらへ伸ばし、ひび割れた唇を懸命に動かしこう云いました。

人殺しめ。呪ってやる

若者は他の村人に真実を話そうと思いました。もうこの村を利用する者などいないと、安心してもらいたかったのです。村の中心へと若者はおりていきました。しかし。

なぜか村人は若者の姿を見て逃げて行くのです。

叫んで、喚いて、泣いて。

若者は奇妙に思いました。あれほど慕ってくれていた人々が、あんな顔をして逃げるだなんて。

なぜ逃げるんだと尋ねながら、若者は村人を追いかけます。

けれども、若者はすぐにその訳を知ることになりました。

追いかける途中、村にある大きな池の前を通りかかります。

——そこにいたのは、存在しなかったはずの妖怪でした。

人間より何倍も巨大な体躯、八本も生えた長い脚からは毛が生え鋭い爪が。

複数の小さな目は赤く輝き、黒い身体は言葉で言い表せないほど醜い。

大蜘蛛だ、大蜘蛛がいた。嗚呼この妖怪が皆を苦しめるのだ。殺さなければ殺さなければ殺さなければこの大蜘蛛を‼︎

若者は大蜘蛛を倒すべく、池に飛び込みます。しかし、池の中にはあの大蜘蛛がいません。若者は懸命に探しました。その黒い身体が沈むまで。

こうして妖怪大蜘蛛は正義の英雄に倒され、村人は平穏な生活を取り戻すことができたのでした。めでたし、めでたし。

若者は妖怪を倒すことができ、夢見た正義の男になれて本当に良かったですねぇ。

皮肉な結末?ふふ、そうですね。妖怪を倒そうとして、しかしそれは嘘で。自分が妖怪に成り果てて、その哀れな魂をなくして。

人の身にとって、大きすぎる願いを持ったせいでしょうか。平穏を、正義を求めた代償?

はてさて、結局のところ誰が悪だったのでしたっけ?

(終演)

修正履歴

  • 誤字、脱字の修正をおこないました。(2018/10/05)
  • 内容に影響のない範囲で、一部表現の変更や追記をおこないました。(2018/10/05)

修正履歴を見る

  • 0拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。