2

命が別れるそのときまで 完結

ポイント
125
オススメ度
23
感情ボタン
  • 5
  • 0
  • 0
  • 0
  • 1

合計:6

いつかそれが思い出になったとしたら

投稿された表紙はありません

この物語の表紙を投稿する

すべてのコメントを非表示

物語みたいに、親友だった男は突然いなくなった。

小さな頃から、頭も運動神経も顔も性格もいいという、まるで物語の主人公みたいだった親友は、これもまた物語みたいに、ある日突然交通事故に巻き込まれて死んでしまった。……物語みたいに、最愛の恋人にプロポーズした日の夜のこと。

五年前の、こと。

親友の墓の前で、俺は手を合わせる。その隣では、親友の恋人だった女性が花を供え、それから手を合わせていた。毎年変わらないこの日の光景は、五年前、独りで訪れる精神を持たない、けど誰にも頼れなかった彼女に付き添い、以降恒例となっている。親友と彼女は、それぞれと仲の良かった俺を介して知り合ったから、役目としては自然の流れみたいなものだった。

言葉を声に出すことなく、きっと彼女は親友に何か話をしてるんだろう。それが終わると、今度は三人で会話をする。この一年の報告や、なんでもないような話を。彼女が小さく微笑んだりするようになったのは、一昨年からのこと。

「そろそろ帰るか?」

「……もう少しだけ」

なんなら先に帰っていて、という声は耳に届いていないことにした。

彼女の横顔は儚い。恋人を亡くしてから急激に細くなってしまった身体は、年を追うごとに僅かに肉付いてくれたけどまだまだ折れてしまいそうで、ここ半年の間、また下降の一途を辿っている。もう少しここに居たいとごねる理由に、それはきっと通じてるんだろう。

三回忌を過ぎた頃から、彼女は周囲の人間から、もう先に進めと言われている。すなわち、親友のことはもう忘れろということだ。ついには先日、彼女は両親に泣かれてしまったらしい。

そんなことを彼女の両親から相談されても俺にどうしろというんだ。親友の代わりになれとでも? なれるわけがない。

それに、もうとっくの昔に振られている。

そんなこと……彼女に関することなら、もうずっと考えていると、少しだけ毒づいた。

親友の墓の前、ようやく腰を上げた彼女の手をとる。身構え力の入った細い手首を逃がさないように更に捕まえると、怯えたような彼女の顔がそこにはあった。

「――好きだよ」

「っ」

「俺をもう少し、おまえの心の近いところに居させてくれ」

「ここでそんなこと言わないでっ」

首を横に振り、俺はそうして親友の墓を見つめる。

「もう一度伝えるなら、今度はこいつの前だと思った」

五年前、想いを終わらせるため、彼女に気持ちを告げた。親友がプロポーズをすると知った日、親友がそれを実行する少し前のこと。わがままな行動だった。振られて想いを断ち切るために、彼女を利用したのだ。実るものだとは僅かでも思っていなかった告白に、彼女は頭まで下げてくれた。ありがとう、嬉しい、ごめんなさい、と。

「……私だって、いつまでもこんなんじゃいけないって思ってる」

彼女はいつからか、親友以外と歩むかもしれない未来の可能性を、否定はしなくなった。悲しみなんて少しずつ、昇華されてしまう部分もあるんだと、笑顔だった瞬間の自分に気づき、あとで涙しながら。そんな場面を、俺は幾度も幾度も傍で見てきた。

「ああ。解ってる」

知らない男と一緒に歩く彼女を見かけたこともある。親友と似た男、全く共通点の見当たらない男、普通の優しそうな男。けど、一日と保たないこともあった。

そしてその中に、俺は決して入らない。意識してなのかそうじゃないのか、それは前者に決まっているだろう。……除外されるのは自然なことだとも理解しながら、彼女の隣、昔と変わらない立場で寄り添ってきた。

あの日断ち切れたはずの想いは、親友の死という、もしかしたらありふれているかもしれない特異な出来事により、心の中に残留した。彼女も、俺に対してそうなのかもしれない。嬉しいと俺に言ってしまったことを、悔いていたりもするんだろう。

「私……っ」

「誰でもよくて、誰でも駄目なら、俺にしてくれ」

「……まだ……ひとつも、思い出にもなってくれないの……」

「解ってる。忘れる気も、ないってことも」

「……」

「全てに耐えられるのは、俺くらいだ」

「だから一番いけないのよっ」

「俺はそんなに駄目で嫌われていた?」

「ちが……っ」

「忘れたくないなら、俺が適任だよ。忘れられない消えてくれない失くしたくないなんて、こっちだって葛藤し過ぎで身にしみて痛くて堪んねえよ。否定なんて、しない。進もうと足掻いてるんだ。そのスピードに背中を押すことはあっても転んでしまうくらいに急かしたりはしない――だから、どうか俺だけを除外するのはやめてくれ。これまでずっと傍に居たんだ。心も、もっと、もう少し、そうさせてくれ。手放さないでくれ」

捕まえた手首を引き、抱き寄せる。包み込んだ細い身体が抵抗されないからといって、こちらが望むものじゃないことなど解ってるけど。

けど。

震える声が、耳と胸に響く。

「あなたとそうなることが一番辛いかもしれない」

「そうかもな」

「今までだって平気だったわけじゃない」

「知ってる」

「私が、駄目な人間なの」

「お互い様」

「きっと、私ばっかりが楽になるのよ。そんなの……」

「たくさん、ずっと考えて、それならいいと思ったんだ。それしか思えなかった」

「……」

「辛くないなんて、言わないけど」

「でも」

「忘れなくていい。いつか、少しでも思い出になったら、そのときの今に、俺を入らせてよ。全部思い出になったら、過去はくれてやるし大切にするから、俺にそれからをくれ。他の男になんて渡してたまるか」

「そんなの……三年後五年後十年後かもしれない。どうしようもない私は、明日かもしれない。……死ぬときかも、しれない」

「それは、命の別れるそのときまで一緒にいられるっていうことだから」

だからどうかと、赦しを請うた。

――END――

修正履歴

  • 改稿により一部内容が変更になっている箇所があります。(2018/10/04)

修正履歴を見る

  • 5拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 1惚れた

1

投稿ありがとうございます。
迫真の純愛もので、不用意にコメントするのが憚られますが、とても引き込まれました。
ありがとうございます。
(スタッフH)

2

中嶋ユキノスタッフHさま

コメントをいただけたこと感謝します。
散々悩みながら形にしたものを、引き込まれたと仰っていただき嬉しいです。
読んでくれた方からの気持ちやお言葉を、もっと困らせずに引き出していけるように、反省と精進をしていきたいと思います!
ありがとうございました。

作者:ふじかわいのり

2018/10/13

コメントを書く

とじる

オススメポイント 23

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。