0

アラサー女子の趣味探し

ポイント
1
感情ボタン
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

合計:0

彼氏なし、趣味なしのもがく適齢期女子たちを描く。

投稿された表紙はありません

この物語の表紙を投稿する

目次

すべてのコメントを非表示

ピアノ編 その1

弾けもしないのにピアノを買った。

中古で一万六千円。

もちろんアコースティックなんかじゃなくて、電子ピアノだ。

電子ピアノのいいところは、音量を調節できるから夜中だろうが集合住宅だろうが場所さえあれば気軽に演奏できるところ。

インテリアとして購入したわけじゃない。

伴奏者になるためという大義名分がある。

音楽家への道のりは決して楽ではなく、何よりお金と時間がかかるということなんて百も千も万も承知の上だ。

それに確固たる英才教育。

時々『国際ナントカピアノコンクール 最優秀賞は5歳の女の子!』なんてネットニュースが勝手に流れてくる。

でも別にそんなのどうでもいい。目指しているのはそこじゃない。

得意楽曲 兼 唯一弾ける曲である猫踏んじゃったを違う曲にするために、日々の合間をぬってひっそり練習するんだ。

これから休みの日はずっと鍵盤と一緒…

サヨナラ、家と会社を往復するだけの毎日。

30手前にしてようやく夢中になれそうなものに出会えたのだ。

とりあえず今度の金曜日の夜は最寄りの楽器屋さんに行って楽譜を調達しなくては。

この日の夜は久々にワクワクという感情を抱きながら眠りについた。

  • 0拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

コメントはありません

コメントを書く

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。