1

ピンネタ:僕オフ会 完結

ポイント
32
オススメ度
4
感情ボタン
  • 1
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

合計:1

オフ会のレポート風のピンネタです。
バカだと思って頂けると有り難いです。

投稿された表紙はありません

この物語の表紙を投稿する

すべてのコメントを非表示

『ダメ人間コンテストに参加して優勝出来る人たちって、

 こういう人達のこと』

≪集合場所:新潟駅≫

今日は僕、空也卜全主催のオフ会だ。

待ちに待ったこの日のために僕はビルドアップを繰り返していた。

僕は改札口の前に立ち、目印であるスケッチブックを取り出した。

目印の絵は勿論、鉄火巻だ。

新潟の棒状で少し興奮する名産品と言えば鉄火巻なのだ。

まず最初にやってくるのは、福島県の暴れん坊、脱臼サムライさん。

脱臼サムライさんと会うのはこれで4度目だが、やはり緊張はするものだ。

せっかくホームパーティに呼んで下さったのに、

嫌いな食べ物ばかりでこれからどうしよう、という緊張感に似ている。

駅に着いた電車からは、たくさんの人が降りてくる。

福島方面には、こんなにも人が住んでいるんだなぁ、と思わせる。

そして、

最後に降りてきたのが、福島県の暴れるとすぐに脱臼する、脱臼サムライさんだ。

上半身裸の僕を見た脱臼サムライさんは開口一番に、

「お米マッスルだ!」と言ったが、

個人的には『棚田マッスル』と言って欲しかった。

いつも通り、脱臼サムライさんは荷物を地面に置いた。

そう、重いモノを持っていると脱臼してしまう恐れがあるからだ。

そして、また、いつも通り、僕は脱臼サムライさんの持ち物を聞いた。

「ものっすご犬の本を持ってきましたよ。

 ポーカーで言うとロイヤル犬フラッシュですよ。

 8冊持ってきたけども」

と大声で嬉しそうに話し出した。

僕は胸筋をピクピク動かし、喜びを表現したが、気付いてもらえなかった。

そうこうしていると今回のオフ会のメインデッシュ的存在、

(脱臼サムライさんはフィンガーボウル)

名古屋の味噌煮込みうどんこと、青空てんやわんや師匠さん、

通称、空やわんさんがやってくる時間だ。

僕らは、犬の本を読み合うのを止め、空やわんさんが来る時を待った。

目印である1番鉄火巻っぽいページを開いた犬の本を掲げ、待つ僕ら。

その後ろからスッと現れたのが、空やわんさんの母だった。

「うちのケンちゃんは今日、風邪を引いて来れないのです。

 だから私が代わりに来ました」

≪立ち話もアレなので……:ファミリーレストラン≫

とりあえず、僕らはコーヒーを頼んだ。

空やわんさんの母、通称、

母さんはたくさんのお題を電車の中で考えてきていた。

『鯖の臭みを取るには何を入れるほうがいいか』

『大根は何科の植物か』などなど。

まずは

『鯖の臭みを取るには何を入れるほうがいいか』

のお題を使い、大喜利をすることにした。

僕は”ビルドアップという手法を取り入れる”

脱臼サムライさんは”マジの刀で切れ込みを入れる”と答えた。

しかし母さんは、

「ブー、2人とも間違いです。

 私が1番使うのはショウガです。料理の勉強をしましょう」

と言った。表情はちょっとムッとしていた。

僕は大喜利に答えは無いんですけどもと言ったが、

母さんから料理には答えがあると言われた。

脱臼サムライさんは何かもう本当シュンとしていた。

こんなつもりじゃなかった、という表情を隠そうともしていなかった。

端から見れば、とても暗いファミリーに見えただろう。

≪盛り上がろう:ボウリング≫

僕と脱臼サムライさんは、カラオケを推していたが、

母さんがどうしてもと言うのでボウリングにやって来た。

脱臼サムライさんは汗をダラダラかいていた。

もうお分かりだと思うが、

重いモノを持つと脱臼してしまう危険があるからだ。

脱臼サムライさんは1番軽い玉を選んだ。

子ども用の軽い玉なので穴に指が入らない。

しかし背に腹は変えられない。

その様子を見ていた母さんは、

「若いんだから、もっと重いやつを選びなさいよ。

 全く……今の子はパソコンばかりで……」

と聞こえるような声で愚痴をこぼしていたので、僕は

「今の子はビルドアップもするんです!」と大声で言ってやったが、

「そんな見せかけの筋肉じゃなくて、実用性! 実用性!」

と言い返されてしまった。

そんなこんながありつつ、ボウリングが始まった。

若い頃、プロボウラーを目指していた母さんの玉は

曲がる曲がる、無駄に曲がる。

曲がりすぎだ。マーガリンだ。

マーガリンの上を滑って、うまいこと回転がかかっているようだ。

結局、結果は母さんの圧勝。

「うちのケンちゃんくらい、うまいと良いんだけどねぇ」と一言。

脱臼サムライさんは泣いた。

≪お別れの時間:新潟駅≫

トボトボと電車に乗り込む脱臼サムライさん。

思ったよりつまらなかったなぁ、という感じで電車に乗り込む母さん。

僕は上半身にオイル(マーガリン)を塗り直し、2人を見送った。

≪その後:チャット≫

空やわんさんはオフ会に行けなかったお詫びとして、

僕の口座に1万円振り込んでくれることになった。

脱臼サムライさんの口座には5万円、そう、

ボウリングの時に軽く脱臼した慰謝料の+4万円だ。

  • 1拍手
  • 0笑い
  • 0
  • 0怖い
  • 0惚れた

1

すまぬ!!!!!!オフ会に行かれなかったからといって1万円振り込むのがなぜ???と不思議だ。それだったら僕もオフ会する!!!開催する!!!みんな休んでいいからさあ、振り振りしてと頼みんちょだ!笑

湊あむーる

2018/10/18

2

>湊あむーる様
 コメント有難うございます!
 1万円振り込むのは経済力アピールを兼ねています。
 彼は、かなり得意げに振り込んだという話ですっ。

作者:空也卜全

2018/10/19

コメントを書く

とじる

オススメポイント 4

つづけて SNS でシェアしてオススメシポイントをゲットしましょう。

とじる

このページの内容について報告する

送信中

送信しました

文字数の上限を超えています。